Entries

異常ツイート殺人事件と犯罪者データベースの構築 その2

 今回の事件では、殺った人間自らが(それも実名で)ツイッター・フェイスブックで異常言動を発信していた。 殺された被害者が自分に対して電磁波攻撃を行なっているなど、名指しで非難を浴びせていた。 普段我々が知らないだけで、こんなことをしている人は多くいる。 こういう事件が起こって初めてその氷山の一角を見る。(そしてすぐ忘れる) この手の自己発信をまとめることもまた、やろうと思えばできるはずである。 「...

異常ツイート殺人事件と犯罪者データベースの構築 その1

 時事問題、ニュースについて語ることは、基本的には虚しい。 どんな大事件もセンセーショナルな出来事も、1週間も経たないうちに過去の話題として忘れ去られる。 次から次へとニュースは生まれては流れ、もはや「凶悪犯罪で名を残そう/轟かせよう」という名声欲系犯罪者にとっても、その願望成就は極めて難しいものになってしまった。 1ヶ月前の事件について何か語っても、「え、まだそんなこと言ってんの?」と人は思う。...

『巌流島』検証大会 雑感⑤ 純粋プロレスラーの参戦

 『巌流島』は独自のルールで新格闘技の看板をひっさげてスタートした。 しかしたぶん、『巌流島』が「総合格闘技」「プロレス」「ボクシング」「K-1」などと並ぶ独立ジャンルとして確立される、と思っている人は少ないはずだ。 「巌流島格闘技」というジャンルができて「巌流島格闘家」なる専門ファイターが続々輩出されるだろうとは、運営サイドも思っていまい。 私はそれでいいと思う。 巌流島は、既存の各ジャンルの格...

『巌流島』検証大会 雑感④ 「異種格闘技戦」の復活

 よって当然ながら、巌流島の運営サイドはそういう「面白さ」を重視している。その決意はかなり固いように見える。 日本での総合格闘技(PRIDE)復活を願う格闘技ファンの期待を裏切る/失望させるのは承知の上で、あえて「立ち技限定・押し出し有」の根幹ルールを提示した。 さらにその上、「異種格闘技戦」を前面に打ち出してもいる。 異種格闘技戦――それは総合格闘技ファンにとって過去の遺物である。総合の確立によっ...

『巌流島』検証大会 雑感③ 「押し出し」ルールと相撲について

 では、「押し出し」で勝ちになるという点はどうだろう。 『巌流島』の現ルール及び闘技場自体が大相撲をモデルにしていることは誰にでもわかる。 また、これまで総合格闘技の場で不遇だった(勝つことのなかった)相撲を活躍させたい、という意図があるのもあからさまである。 実際に優勝こそしなかったものの、相撲代表の星風が準優勝したことから、その意図はある程度現実化したと言ってよい。(しかし、それでも優勝したの...

『巌流島』検証大会 雑感② 寝技の削除について

 『巌流島』は「押し出しルール」と「寝技の完全削除」を採用した。 これはもちろん総合格闘技を目指さないということであり、実際「立ち技格闘技」を標榜している。 だから巌流島がPRIDEの復活でないことに反発するのは的外れである。 では、なぜ、(そういう需要は強いのに)総合格闘技を選択しなかったのか? それは結局、「総合格闘技は(寝技があるから)面白くない」「テレビ受けしない」「俗受けしない」からであ...

新格闘技イベント『巌流島』検証大会(2015.2.28)雑感①

 世Ⅳ虎VS悪斗について書いていると、これについて書く時間が取れなかった。(この程度の文章でも、書こうと思えば1時間以上かかるのです) が、とりあえず録画を見た感想を簡単に書く。 見終わってまず感じたことは、これは「負けた人が傷つかない大会」だということである。 PRIDEの再来でもなく、ましてUFCのオルタナティブ(代替選択肢)でもない。 こう言うと選手・関係者は怒るだろうが、私には「ヌルヌル相...

世Ⅳ虎vs悪斗③ スターダム最大のミステイク

 風香GMは謝罪会見で、「実力差のありすぎるマッチメイクを行ったこと」を今回の事件の原因・反省点に挙げていた。 私はこれこそ、今回スターダムが事後処理で犯した最大のミステイクだと思う。 この試合、世Ⅳ虎は赤いベルト(ワールド・オブ・スターダム王座)の王者として、白いベルト(ワンダー・オブ・スターダム王座)の王者でもある挑戦者・悪斗を迎え撃つ形だった。つまりこれは、王者対決だったのである。 一つの団...

03/04のツイートまとめ

kamakuramin222 新日本プロレスワールド、加入はしたが見てない。サムライTVの中継も録画はしても見る時間なし。 「時間」って資源を開発できるテクノロジーは出てこないものか? 03-04 01:19...

世Ⅳ虎vs悪斗② 週刊プロレス表紙問題

 週刊プロレスno.1781(3月11日号)が安川悪斗の流血顔を表紙にしたことで、ネット上ではその是非について論争が持ち上がった。 新日本の棚橋弘至・邪道、wrestle-1の田中稔、IGFの橋本大地らのレスラーは、はっきりと「これはない」と週プロを否定している。 こんなのを表紙にしたらますますプロレスが野蛮残酷なものと見られる、普通の人が手に取れない、悪斗自身が可哀想だ…… 一般の書き込みにもそういう意見が多かった。 ...

Appendix

プロフィール

平 成敏

Author:平 成敏
1970年代生まれの男性。
認定ファシリティマネジャー、主に施設管理の仕事に従事。
プロレス、社会、歴史など、興味関心のある分野についてあまり脈絡にこだわらず書いていきます。(⇒プロレス以外の話題については、別ブログ【社会・ニュース・歴史編】をご覧ください。)

著作一覧(アマゾンkindle版)

ペペチール第三王朝の興亡:表紙 世界系統樹:表紙 尊敬なき社会(上):表紙 尊敬なき社会(下):表紙

FC2ランキング

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2アクセスカウンター

日本ブログ村・人気ブログランキング アクセスランキング

ツイッターウィジェット

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR