Entries

kindle新刊『もうすぐ無人島になる瀬戸内の島へ-人口7人・広島県呉市「情島」訪問記“失われる時を求めて”』

 少子化、人口減少、限界集落、地方消滅、空き家問題―― これらが21世紀序盤の日本のキーワードであることは、もちろん常識である。 少し前「消滅可能性都市」というのが日本創成会議から発表されて話題になったことがあったが、あなたの住む街もその中に入っている(それこそ)可能性も、かなり高いと私は思う。 今すでに限界集落である地域は、あと20年もすれば本当に誰も住んでいない無人地帯になるだろう。 かつて人が住み...

副業禁止は明白な憲法違反ではないか? その5 経済効果と自助の精神

 以上、副業禁止というものが、市民の自由と生存権を抑圧する憲法違反の代物であることを縷々綴ってきた。 しかし最後に、(いや本当は最初に)思うことがあるので付け加えて書いておこう。  一つは、ごく素朴に、副業することはGDPの拡大と経済成長に繋がるのではないかということである。 これは、普通に「いいこと」ではないだろうか。  もう一つは、そもそも副業しようなどという人は、そうでない人より「バイタリティ...

副業禁止は明白な憲法違反ではないか? その4 後で言うのは詐欺である― 就業規則を公開せよ

 さて、ここまで読んできた人は、それでもこう思うかもしれない。「しかし従業員は、その会社が副業禁止なのを承知の上で就職したのではないか。 アリさん社の従業員・アルバイトも、『社員2人以上で飲酒はしない』との契約書に同意の上でサインしたのではないか。 会社が就業時間外まで社員を規制するのは確かに問題だと思うが、しかし社員がそれに同意すればもちろん有効ではないか」 と。 端的に言えば、「イヤなら辞めろ...

副業禁止は明白な憲法違反ではないか? その3 集団的自衛権と先制予防自衛権②

 このままでは攻撃されると明らかにわかっているとき、先制攻撃してはいけないのか―― これは、現代の刑法をはじめとする犯罪対策の世界では明白に否定されている。「してはいけない」とされている。 「こいつは犯罪を犯す怖れがある、と判断する」からと言って、逮捕拘禁することは許されない。 「爆破予告」も「児童ポルノ所持」も、現実に爆破や児童姦を犯しているわけではない。 「凶器準備」したからと言って、実際に凶器...

副業禁止は明白な憲法違反ではないか? その2 集団的自衛権と先制予防自衛権①

 会社が副業を禁止する理由、そして同僚さえもがそれを支持する理由は、複数にわたる。 しかしそれらを絞り込むなら、次の二つになるだろう。 ①道徳的理由:そもそも自分とこ以外の、別の職業・職場・収入源を持つこと自体に反感を覚える、けしからんと思う。 ②予防的理由:自社情報の流出や、自社での勤務がおろそかになることを予防する。 ①については、もはやこれは日本文化の一部である。 「忠臣(=信頼できる人間は)...

Appendix

プロフィール

平 成敏

Author:平 成敏
1970年代生まれの男性。
認定ファシリティマネジャー、主に施設管理の仕事に従事。
プロレス、社会、歴史など、興味関心のある分野についてあまり脈絡にこだわらず書いていきます。(⇒プロレス以外の話題については、別ブログ【社会・ニュース・歴史編】をご覧ください。)

著作一覧(アマゾンkindle版)

ペペチール第三王朝の興亡:表紙 世界系統樹:表紙 尊敬なき社会(上):表紙 尊敬なき社会(下):表紙 表紙:『もうすぐ無人島になる瀬戸内の島へ』 ブログ販売欄掲載用

FC2ランキング

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2アクセスカウンター

日本ブログ村・人気ブログランキング アクセスランキング

ツイッターウィジェット

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR