Entries

極悪レフェリー・阿部四郎氏死去 失われた文明を夢に求めて

 かつて全日本女子プロレスで「極悪レフェリー」として非常に有名だった阿部四郎氏が、4月25日午前、肺炎のため死去した。享年76歳。(このことは、なぜかZERO-1が発表している。なぜだろう。) 女子プロレスが第二極盛期(第一期はビューティペア、第三期は対抗戦時代)にあった「クラッシュギャルズ VS 極悪同盟」の時代、レフェリー・阿部氏は疑いなく「名物男」だった。 あのテレビ中継の(女子観客の声で)凄まじいまでの...

新日本ヤングライオンの凄まじさ/棚橋弘至久々のメイン締め

 4月23日後楽園ホール大会では、新日本プロレスのヤングライオン陣4人が勢揃いするタッグマッチ―― 「川人拓来&岡倫之 vs 北村克哉&海野翔太」が第1試合に組まれた。 これを見た人は、とてもヤングライオン(要するに新米、グリーンボーイ)同士の試合とは思えないという感想を抱いたに違いない。 特に北村克哉のあの肉体は、ゼウスやボディガーと同じタイプと言えばそうだが―― にも関わらず初めて見る人に、関本大介の体型...

新日本「狂人キャラの系譜」とファレのグラネード廃止論

 サムライTVでは、4月22日と23日の新日本・後楽園ホール大会を2日連続生中継した。 見て感じたことを短く書く。1 高橋ヒロムの狂人キャラ化-新日本「狂人キャラ」の系譜 22日の高橋ヒロムは、自分と(次期IWGPジュニアヘビー王座挑戦者)リコシェの名をそれぞれローマ字で書いた2体の人形を持って入場してきた。 次の日23日の試合前バックステージインタビュー(清野茂樹アナとミラノコレクションAT氏による)では、人形の...

柴田勝頼の硬膜下血腫、四天王プロレス化する新日本?

 新日本4月9日・両国国技館大会(SAKURA GENESIS)のメインイベント後、王者オカダ・カズチカに敗れた柴田勝頼は、花道からバックステージに姿を消すや控え室にも行くことができず倒れ込み、救急車で緊急搬送された。 そして翌10日、柴田は硬膜下血腫と判明し5時間に及ぶ手術を受けたことが新日本から発表された。 幸い術後の経過は良好らしいが、これは「良かった良かった」では済まされない大事(おおごと)である。 ここ最...

櫻井康雄(原康史)氏、プロレス史の生き証人死去

 4月10日、櫻井康雄氏が死去した。享年80歳。 櫻井氏は元東京スポーツ新聞社取締役編集局長、そして何より“金曜夜8時”時代の「ワールドプロレスリング」解説者を長年務めたことで有名である。 もう一つ印象深いのは、そういう要職にありながら“原康史”のペンネームで『激録・力道山』『激録・馬場と猪木』なるプロレス本を何冊も出しているほか―― 『激録・日本大戦争』という39巻もの歴史本シリーズを(新聞連載して)出版して...

Appendix

プロフィール

平 成敏

Author:平 成敏
1970年代生まれの男性。
認定ファシリティマネジャー、主に施設管理の仕事に従事。
プロレス、社会、歴史など、興味関心のある分野についてあまり脈絡にこだわらず書いていきます。(⇒プロレス以外の話題については、別ブログ【社会・ニュース・歴史編】をご覧ください。)

著作一覧(アマゾンkindle版)

ペペチール第三王朝の興亡:表紙 世界系統樹:表紙 尊敬なき社会(上):表紙 尊敬なき社会(下):表紙

FC2ランキング

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2アクセスカウンター

日本ブログ村・人気ブログランキング アクセスランキング

ツイッターウィジェット

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR