Latest Entries

里村明衣子がWWE参戦!? グーグル化するWWEの野望

 これは、驚天動地のニュースである。

 これに比べれば、先日の史上初の米朝首脳会談なんて屁のようなものだ。


 日本「女子プロレス界の横綱」、紫雷イオと並ぶ女子プロ界トップ中のトップである里村明衣子が、8月に開催されるWWEのメイ・ヤング・トーナメント(女子トーナメント)に出場する予定だと、東スポが伝えた。

(⇒ 東スポweb 2018年6月14日記事:仙女・里村もWWE参戦 8月開催「MYC」出撃濃厚)


 紫雷イオがスターダムを退団し、いよいよWWEに行くとわかって間髪入れずのこのニュース、プロレスファンのほぼ全員の心に激震が走ったに違いない。

 プロレス界の動き・流れというものは、驚くほど早い――

 それはわかっていても、今度ばかりは恐るべき急転回の超スピードに感じられる。


 なるほど里村がWWEのリングに上がるという情景は、多くのファンが空想もし、願いもしただろう。

 しかしやっぱり、ただの一選手ではなくセンダイガールズプロレスリングという団体の長(しかも正式な社長)ともあろうものが――

 たとえイオや他の誰かがWWEへ行くことはあっても、里村だけは上がらない、とみんな思っていたのではないだろうか。

 しかし昔からさんざん言われているが、やっぱりプロレス界に「絶対」の二文字はないようだ。



 それにしても昨今のこのWWEの日本人、特に日本人女子レスラーの参戦方針は、いったいどういうことなのだろう。

 そんなにもWWEファンひいては世界のプロレスファンにとって、日本人女子レスラーの需要は高いものなのだろうか。

 思うにWWEは、かのグーグル社が「世界中の情報を自社でまとめる(検索範囲に入れる)」ことを目標にしているように、

「世界中のトップとされるレスラーを自社に揃えたい(引き抜きたい)」という野望を持っているように見える。


 そういう流れができさえすれば――現に世界三大プロレス大国の一つである日本ではそうなっているが――、世界中のどのレスラーもファンも、WWEに上がるレスラーこそ頂点であり、WWEこそ世界プロレス界の頂点だと認めさせられることになる。

 WWEは、プロレス界のグーグルなのである。

 
 さすがに里村が、センダイガールズの社長を辞めてWWEに完全移籍することは考えにくい。

(しかし、プロレス界に絶対はない……)

 だが万一そんなことになれば、日本の女子プロレス界は本当にWWEのファーム団体・下部団体みたいなものだ。

 それもWWEにとっては育成の費用と時間をかけなくてよい、非常に好都合・高品質のファームである。

 これはもう、どう日本のプロレスメディアが言い繕っても、「日本プロレス界はWWEの草刈り場」ということになると思うのだが――

 これが21世紀のプロレスというものなのだろうか。


このエントリーをはてなブックマークに追加

新日本6.9DOMINION短感-「新日本インターナショナル」旗揚げ記念日?

 新日本プロレス6月9日大阪城ホール大会を、スカパーテレ朝チャンネル2の生中継で見た。

 NEVER王座戦はマイケル・エルガンが後藤洋央紀を破り戴冠、

 IWGPタッグ王座戦はヤングバックスがSANADA&EVILを破り戴冠、

 IWGPインターコンチネンタル王座戦はクリス・ジェリコが内藤哲也を破り戴冠、

 IWGPヘビー級王座戦はケニー・オメガがオカダ・カズチカとの60分3本勝負(トータル64分50秒)を制し戴冠――

 と、全く外国人づくしの結果であった。

 日本人が王座であるのは、高橋ヒロムがウィル・オスプレイから奪取したIWGPジュニアヘビー級王座と、ジュニアヘビー級タッグ王座のみである。

 冒頭の新社長メイ氏の挨拶も含めれば、徹頭徹尾「外国人の日」であった。


 この結果を見て「新日本の海外戦略・海外対応」という言葉を思い浮かべなかった人は、非常に少ないはずだ。 

 まるで今大会は、「新日本インターナショナル」という団体が旗揚げした日であるかのようにさえ見える。



 さて、試合について簡単に言うと――

 まず内藤哲也だが、クリス・ジェリコにほとんど完敗と言っていいほどの有様だった。

 しかし内藤本人もたびたび言っているが、もう内藤はベルトや勝敗とは無関係に「主要人物」なのである。

 本当はこういう人こそ、団体の宝と言うべきなのだろう。


 そして注目の「60分3本勝負」だが、解説の言葉で気づいたが、オカダはもう2年間もチャンピオンのままだったのだ。

 ケニー・オメガの人気が高いこともあるが、それはまぁ観客もそろそろオカダが負けることを願っていたかもしれないし、ケニー勝利の結果に対し祝福ムードだったのも自然の成り行きといったところだろうか。

 
 思うに、ケニー・オメガのIWGPヘビー級戴冠は、新日本にとって確かに最良の選択(結果)である。

 なぜならケニーは日本のプロレス界の中で、最も「論理的な、哲学的とさえ言える言葉を持った」レスラーだからだ。

 皆さんは、バックステージでの彼の言葉を聞いただろうか。

 あんな風に論理的・哲学的に語れるレスラーって、日本人選手に(いや、他の外国人選手もだが)何人いるだろうか。


 もちろん、「英語で喋って通訳を入れる」ことで、日本人にとって「何だか大層なことを語っている」と思われるというアドバンテージはあるにしても――

 あんまりにもコメント力に差があるのである。

 これは何だか実際のビジネス世界で、日本人の言葉力が外国人のそれに太刀打ちできてない(らしいではないか……)ことをストレートに反映しているように見える。 


 それはもう海外戦略を考えるなら、誰よりもケニー・オメガをトップにつかせたい(ついてほしい)と願うのは当然である。

 はたして「新日本インターナショナル」が今後どんな攻め方を見せるのか、どんな成り行きになるのか、注目したい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2018スーパーJr.は高橋ヒロムが優勝-ゴールデンタイム復帰宣言と翼の折れたトロフィー

 6月4日・新日本プロレス後楽園ホール大会(スーパージュニア決勝戦)を、スカパー・テレ朝チャンネル2の生中継で見た。

 結果は34分の長時間激闘の末、高橋ヒロムがタイムボムで石森太二を破り優勝。

 この試合、エクセレントとまでは言わないがやはり名勝負は名勝負である。

 解説のライガーも慨嘆していたが、この危険技の応酬の流れはどこまで行ってしまうのだろうとは思う。

 こういう試合をWWEのスカウト陣やトリプルHらが逐一チェックしているとしたら、はたして危機感を抱いているのかクレイジーだと思っているのか、ちょっと聞いてみたいところではある。


 それにしても、やはり数年に一度レスラーが死ぬくらいでは、この流れは押しとどめようもないのだろうか……


 それはともかく優勝したヒロムのマイクでは、はっきりと「(俺の目標は)ゴールデンタイムで試合をすること」だと言われていた。

 折しも新日本プロレスは、過去最高の業績を記録したと報道されたばかりである。

(⇒ 東京商工リサーチ 2018年6月1日記事:新日本プロレスが復活、過去最高の業績を更新へ)

 
 そしてまた、新社長には経営プロフェッショナルの外国人が就任すると報道されたばかりでもある。

(⇒ 2018年5月13日記事:新日本プロレスにプロ経営者外国人就任-いよいよ昔日の新日本の面影なし?)


 これはもしかして、ゴールデンタイム復帰の可能性ないし見込みがあるから故の発言なのだろうか。

 だとすれば、たとえ単発放送でも(いや、いきなりレギュラー放送ということは絶対にないだろう)これほど新日本の復活を印象づけることはない。

 これは、今年の新日本の最注目点である。


 そしてもう一つ優勝後のリング上で起こったのは、燦然と輝くスーパージュニアの優勝トロフィーの翼の部分が折れたことである。

 生放送中のリプレイ映像で、それをやったのはヒロムを祝福しに上がってきた内藤哲也であることが明らかになった――

 とはいえ、確かに細い部分である上に長細い穴がたくさん開いているものの、曲がりなりにも金属なのに(そんな乱暴に扱ってもいないのに)ポッキリ折れてしまうなんて、ひょっとしてアレは安物なのだろうか……

 などと思ってしまう。

 話題になるという点では折れた方がいいくらいのものではあるが、もうちょっとカネをかけた材質を使った方がいいのではないだろうか。


 と、DOMINION大阪6月9日は、もうすぐ5日後である。

 たった5日後にまたビッグマッチがあって、オカダvsケニーの時間無制限3本勝負やヒロムvsオスプレイのジュニアヘビー級選手権試合があるのだから、今週は新日本ファンにとってたまらない週だ。

 そしてもしこれが、地上波ゴールデンタイムで放送されるようになれば……

 上げ潮に乗る「企業プロレス」新日本が今年はどこまで行くのか、実に興味深い。

このエントリーをはてなブックマークに追加

オスプレイvsゴードン、ヒロムvsKUSHIDA-スーパージュニアの21世紀プロレス

 サムライTVの生中継で、6月3日・新日本プロレス後楽園ホール大会を見た。

 この日は翌日に控えた第25回スーパージュニアのA・Bブロック代表者が決まる日だったのだが――

 大半の人にとって最も印象に残ったのは、ウィル・オスプレイvsフリップ・ゴードンという決勝進出戦には無関係なカードだっただろう。

 オスプレイ、あのリコシェ戦に続き、またも「やらかした」のである。

 (⇒ 2016年5月27日記事:リコシェvsオスプレイ(新日本2016.5.27) 超次元殺法と曲芸と)

(⇒ 2017年5月19日記事:リコシェvsオスプレイ再戦 なぜ「曲芸・サーカス」はバカにしてよいとされるのか?)


 対戦相手のゴードンの超新星ぶりもさることながら、オスプレイはもう曲芸師レスラーと呼ばれるならそれでいいではないか。

 彼はイギリス版初代タイガーマスクであり、世が世なら日本中の子どもたちを一大ブームに巻き込んでいたかもしれない。


 初代タイガーマスクと違うのは、初代(佐山聡)がタイガーマスクを“生き恥”だと思っていたのと違い――

(これはもう、多くのプロレス本でさんざん書かれている。

 それなのに今でも佐山はタイガーマスクのマスクをかぶって活動しているが……)

 オスプレイはこのスタイルに間違いなく誇りを持っている点だろう。


 そしてその次に印象に残ったのは、メインイベントである高橋ヒロムvsKUSHIDAにおいて、ヒロムの放った正真正銘頭頂部をマットに打ちつけるパイルドライバー?のエグさである。

 あれはやはり、WWEあたりでは禁止技になるのが当たり前である。

 ヒロムと言えば確か昨年、プロレス界で負傷欠場が相次ぎ「危険技」が話題になったとき、


「危険危険って思いながらプロレスを見てて楽しいんですかね。

 僕らはプロで練習してるんだから、そういうことは心配しないで見ててほしいですね」


 というようなことを答えていた男である。

 まさにその持論を、実戦で見せてみた格好だ。


 試合自体はヒロムが勝って決勝進出したが、これはまぁそうなると思っていた人が多かったろう。

 さすがに何度も続けてKUSHIDAが優勝したり決勝進出したりするのは飽きられる。

 ファン心理としては、ここはもちろんヒロムが勝って決勝も勝つべきだということになっていただろう。

 そして決勝はヒロムvs石森太二となった。

 元NOAHジュニアのトップと、新日本生え抜きの(いま最も待望論の集まる)ハジケたジュニアの対決である。

 やっぱり新日本は、注目カードと新人(日本人・外国人問わず)発掘に、日本で最も長けた団体だと思わざるを得ない。

このエントリーをはてなブックマークに追加

紫雷イオ、ついにWWEへ-世界の女子プロレス界が日本化する?

 ついに、この日が来た。

 かねてからWWE入りするすると言われてきた紫雷イオ(28歳)が、とうとうスターダムを電撃退団しWWEを目指すのが確定的だそうなのだ。

(⇒ 東京スポーツ 2018年5月28記事:紫雷イオ 世界最大のプロレス団体「WWE」移籍へ! スターダム電撃退団)

(⇒ プロレスTODAY 2018年5月28日記事:「女王」紫雷イオ、スターダム退団!世界最大の団体、WWEに挑戦!!)

(⇒ 日刊スポーツ 2018年5月28日記事:女王紫雷イオがスターダム退団、米WWE目指す)

 つい先日の5月23日、イオは18歳の(同じユニットの後輩)渡辺桃に敗れ、スターダム最高峰の赤いベルト(ワンダー・オブ・スターダム)王座から転落した。

 これが何かの予兆だと思ったプロレスファンは過半数を超えるはずだが、やっぱりそうだったのである


 そして思えば4月1日、あれほど拒否反応を(少なくとも表面的には)示していた電流爆破をやったのは――

 やはり日本を去る前に「心残り」や「まだやってないこと」をやるのが主目的だったのではないだろうか。


(⇒ 2018年4月2日記事:紫雷イオ、ついに電流で爆破-大仁田厚の呪縛はどこまで続くか)


 言うまでもなく紫雷イオは、日本女子プロレス界最高のレスラーである。

 プロレス大賞の女子プロレス大賞を3年連続で受賞した驚異的な選手を、他にどう呼びようがあろう。

 これは、日本における地位が、(かの中邑真輔をも凌ぐ)真にトップ中のトップである選手が国外に流出する、という点で歴史的だ。

 中邑真輔が日本トップ級レスラーであることは誰も疑わなかったが、しかし本当にその中でもトップの選手かと言えば、甲論乙駁・百家争鳴になったに違いない。

 しかしイオの場合は、ファンが投票すればやっぱり女子中のトップになっただろう。

 
 このブログ内を「WWE」で検索すると、ずいぶんたくさんの記事を書いてきた。

 その中には「WWEが日本市場に本格上陸してくる」(日本に支部団体を立ち上げ、日本の団体と同じように興行する)なんてのもあるのだが、幸か不幸か今はそうなってはいない。

 しかしWWEの日本市場からのヘッドハンティング、ないし選手の自主的意志での移籍は、ここに至って頂点に達した観がある。

(次はおそらく、トニー・ストーム当たりが移籍するのだろう。)

 そして宝城カイリ vs 紫雷イオがWWEで行われることもたぶんあり、そうなったらまさしくWWEマットは(たとえ一部分でも)スターダム化することになる。



 日本が世界のスポーツ界で頂点に立っている分野と言えば、野球でもサッカーでもフィギュアスケートでもなく女子レスリングでさえなく「女子プロレス」だというのは、きっとプロレスファンの「常識」だろう。

 その観点から見れば、遠く全女の頃から激しく磨き上げられてきた日本の女子プロレスが、ついに世界へ爆発的に発信されるという一種の誇りを抱くかもしれない。

 しかし言うまでもなく、こうまで看板選手を立て続けに失う形のスターダムにとっては、誇らしいでは済まされない。

 「スターダムはイオでもつ」状態は、ついにイオの退団までに解消されることはなかった(と思う)。

 岩谷麻優はまだいるものの、紫雷イオなきスターダムは、他の女子プロレス団体とさして変わらない――


 ヘタするとアイスリボンより求心力・集客力が劣るようになる、という厳しい見方をされても当然だ。

 「スターダムは本国で滅び、世界で(WWEで)花開く」なんてことにならないことを願いたい。

 そして、特に外国人選手について言えるのだが――

 「スターダムはWWEへ行くまでの腰掛け/登竜門」なんて意識が芽生えるのは避けがたいのだから、せめてそれが表に現れないようなファイトをしてほしいものである。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Appendix

プロフィール

平 成敏

Author:平 成敏
1970年代生まれの男性。
認定ファシリティマネジャー、主に施設管理の仕事に従事。
プロレス、社会、歴史など、興味関心のある分野についてあまり脈絡にこだわらず書いていきます。(⇒プロレス以外の話題については、別ブログ【社会・ニュース・歴史編】をご覧ください。)

著作一覧(アマゾンkindle版)

ペペチール第三王朝の興亡:表紙 世界系統樹:表紙 尊敬なき社会(上):表紙 尊敬なき社会(下):表紙 表紙:『もうすぐ無人島になる瀬戸内の島へ』 ブログ販売欄掲載用

FC2ランキング

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2アクセスカウンター

日本ブログ村・人気ブログランキング アクセスランキング

ツイッターウィジェット

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR