FC2ブログ

Latest Entries

2018新日本タッグリーグはSANADA&EVILが2連覇、ほか

 CSテレ朝チャンネル2で、新日本12月9日・秋田大会(ワールドタッグリーグ決勝戦)を見た。

 優勝したのはSANADA&EVILで、昨年に続く2連覇である。

 しかしそう言われて初めて気づかされたのは、敗れたタマ・トンガ&タンガ・ロアの兄弟タッグ(バレットクラブOG)が、3年連続で決勝進出を果たしているということであった。

(みなさん、これ、当然に知ってましたか?)


 3年連続で準優勝というのは、「実力」的には2連覇とそんなに差がないような気がするが、トンガ兄弟はどこが決め手に欠くのだろうか。

 私としては、それは「入場曲」だと言いたいところだ。

 あの低調極まる曲で盛り上がる人って世界に何人いるのだろうか、

 そんなことわからないはずがないのになぜ使い続けるのか、

 というのは、トンガ兄弟の不思議の筆頭であり、惜しむべきことだと思う。

(たぶんトンガ兄弟のファンでさえ、そう思っているのではないか?)


 そしてもう一つ、試合ではないが私的にはインパクトがあったのは――

 解説席に座った真壁刀義が、自分の口でいともハッキリと「俺は本隊(正規軍)だけど」と言ったことである。

 真壁は本隊ではなく「G.B.H」という(本間朋晃と2人だけの)ユニットだったはずで、新日本の公式サイトの選手プロフィールにも(少なくとも今日までは)そう書いてある。

 しかし当の本人が、もうそうじゃないと断言しているとしか受け取れない。

 どうやらオカダ・カズチカらCHAOSと棚橋弘至ら本隊がタッグを組み大同団結しただけでなく、いつの間にか真壁も本間も本隊所属となったようだ。

(もっともファンの意識の中では、とっくにそうなっていたのだろうが……

 それにしても「グレート・バッシュ・ヒール」と名乗ったまま本隊合流というのは、本当はものすごい違和感である。)


 そういえばオカダ&棚橋の「歴史的タッグ結成」の結果は、何とジェイ・ホワイトらバレットクラブに対して8連敗(全敗)となった。

 「1+1が2じゃなくて4にも5にもならなきゃいけない」というタッグ論の決まり文句から行けば、この歴史的タッグは

 「1+1が2じゃなくてマイナスになった」という、最低最悪のタッグとしか言いようがない。


 この結果あるいは成り行きを、2人のファンはどう思っているのだろう。

 特に棚橋はともかくとして、オカダの最近の「弱化」ぶりはほとんど度を超しているかのようだ。


 もちろんオカダが本当に常勝チャンピオンであれば、それは正真正銘面白くないことである。

 だから興行的に言っても、こういう絶不調の低迷期は必要であり、当然に組み込まれなければならない流れだ。

 しかしそれでもファンは本気で「タンクトップで風船飛ばしてる場合か」と言いたくなるというのが、プロレスの面白いところだろう。

 
 そして、後藤洋央紀vs飯伏幸太のNEVER王座戦は――

 後藤が負けて王座転落、新王者の飯伏は1.4東京ドームでウィル・オスプレイと戦うことになる。

 これは後藤、負けるべくして負けたというのが多くのファンの正直な感想だろう。

 後藤vsオスプレイより飯伏vsオスプレイの方が、より見たいカードに決まっているからである。



 最後に、いつもいつも思うのだが――

 本当にバッドラック・ファレは、あの「グラネード」という技を使うのを止めた方がいい。

 あれこそまさに子どもでもそう感じる、「やられた方がわざと飛び上がってやられている」としか見えない技だからである。


(⇒ 2017年4月23日記事:新日本「狂人キャラの系譜」とファレのグラネード廃止論)

このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイナマイト・キッド死去-ステロイドによる栄光と悲惨の生涯

 あの「爆弾小僧」ダイナマイト・キッドが、ついに死去した。享年60歳。

 ちょうど60歳の誕生日の当日に死亡したという。

(⇒ デイリースポーツ 2018年12月5日記事:ダイナマイト・キッドさん死去 初代タイガーマスクや藤波らと名勝負)


 「早すぎる死」と言いたいところだが、彼の健康状態が良くないことは、プロレスファンなら何年も前から知っていたことだ。

 そしてついに、その日が来た。

 心の準備は充分にできていても、やはり寂しさは感じるだろう。


 ダイナマイト・キッドと言えば、プロレスファンがたちどころに思いつくキーワードは二つある。

 一つは「初代タイガーマスク」、

 もう一つは残念ながら「ステロイド」である。


 キッドは現役最盛期、ステロイドを打ちまくっていた。

 これは今となっては有名な話で、そのせいで彼は晩年、車椅子暮らしを余儀なくされた。

 プロレスメディアの取材すら、滅多に受けることがなかったという。

 
 しかしここで、思うのだ……

 キッドに憧れてプロレスラーになった人は非常に多く、今でさえキッドを「目標とするレスラー」に挙げるレスラーは少なくない。

 つまり彼らは(ぶっちゃけて、あるいは意地悪く言えば)ステロイド常習者に憧れ、それを目標にしているわけだが――

 もしキッドがステロイドを打ってなかったら、彼らのうちの何人かは、もしかしたら大部分は、プロレスラーになろうとも志さなかったかもしれないではないか。

 そう考えると、キッドがステロイドを打っていたのは、結果的には「プロレス界にとって良かったこと」なのかもしれない。



 プロレス界が他のスポーツ界と一線も二線も画すのは、ステロイド使用歴が叩かれるのではなく、

 むしろ「プロ根性」とか「悲劇」とかいった“好意的な”文脈で語られることが多い点だろう。

 それはやはりプロレスが本当に勝敗を競っているのではなく、プロレスラーは突き詰めて言えば「記憶に残ること」を――「インパクトを残すこと」を競っている、というところに原因があるようにも思われる。

 その観点からすれば、キッドは間違いなく記憶に残り、後世に影響を残した大レスラーであった。

 その観点からすれば、キッドはまぎれもなく成功したレスラーである。

 こんなことは、他のプロスポーツ界ではあり得ないことではあるが……


 世の中、何が本当に悪いことで、何が本当に良いことなのか。何が本当に良い結果を生むのか――

 あえて深く考えるとすれば、キッドの生と死は、そういうことも問いかけているようである。


このエントリーをはてなブックマークに追加

森嶋猛、不起訴になる-これで復帰の道は開ける?

 タクシー運転手を殴って頬骨を折る重傷を負わせたとして逮捕された森嶋猛が――

 11月22日、東京地検によって不起訴処分とされた。

 俗に言う、無罪放免みたいなものである。

(⇒2018年11月5日記事:森嶋猛、逮捕-「プロレス界最大の問題児」の今後)

(⇒ テレ朝ニュース 2018年11月27日記事:プロレスラーを不起訴に タクシー運転手殴った疑い)


 起訴を免れたのは、やはりその反省ぶりが真摯だったからだろうか。

 いや、「押し問答したことは間違いない」と自分で認めていた――つまり「殴りました」と認めたとは報じられなかった――ということは、まさか殴ってなかったのだろうか。

(さすがにこれはないと思うが……)


 それとも、相手方運転手と慰謝料・損害賠償の点で折り合いが付いたからだろうか。

 もし最後の推測が正しければ、(森嶋にはカネがないとさんざん報道されていたので)誰かがそのカネを工面したはずである。

 それが親でないとすれば、やはりプロレス関係者しかないだろう。

 つまり森嶋にはまだ「後援者」――おそらくは、彼のプロレス復帰を支援する誰かがいるものと思われる。

 やっぱり森嶋猛、今度こそまっとうに復帰する可能性が濃厚と見てよいのだろうか。



 むろん復帰した彼を見る目は厳しいかろうが、それも長いことではない。

 旬じゃないニュースなんて、過去のことなんて、人間はすぐに忘れるものである。

(特にプロレスファンは、「赦す」ことにおいては人後に落ちない傾向がある。)

 
 しかし森嶋には、もし復帰して何かのリーグ戦に優勝することがあっても、ビールは飲まずにミネラルウォーターで済ませるくらいのことはしてほしいものだ。

 それが後援者やファンらに対する、目に見える反省の意思表示というものだろう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ノア2018GLは清宮海斗が優勝-これもレインメーカー・ショックの余波?

 NOAHの2018グローバルリーグ戦で優勝したのは、デビュー3年で22歳の清宮海斗であった。

 むろん丸藤正道が突然の負傷欠場ということで、Aブロックでの変則的な3wayマッチを経ての決勝進出・優勝なのだが――

 それにしても、これは快挙に違いない。

 12月16日には現・GHCヘビー級王者の杉浦貴に挑戦することになるが、これで王座奪取でもすればさらなる大快挙である。

(とはいえ私の勝敗予想では、まだ勝つことはないと思う。)


 さて、この「デビュー3年」のグリーンボーイが――清宮のイメージカラーは三沢光晴を受け継ぐ?緑なので、グリーンスターと呼んでも良いかもしれないが――団体のリーグ戦に優勝するという現象、

 昔のNOAHやさらにその前の馬場全日本、いや昔のプロレス界では、ほぼあり得なかったことだと思う。

 しかし近年のプロレス界では、こういうことはそんなに珍しいことでもない……

 という風に、ファンは感じていないだろうか。

 その淵源を辿ると、やっぱりあの「レインメーカー・ショック」(2012年2月12日、オカダ・カズチカが棚橋弘至を破りIWGPヘビー級王座戴冠)に遡るのではないかと思われる。

 周知のとおり、あれは結果的に大成功だった。

 20代前半(当時の基準では若すぎる)が王者になるということが、団体に活況をもたらした――

 という成り行きは、新日本以外のプロレス団体に非常に強い印象を与えたはずである。

 もしかしたら今回の清宮優勝も、その余波の表れだと言えるかもしれない。

 もしそうなら、やはりオカダの鮮烈戴冠はプロレス界を変えたことになる。


 ちゃんと検証していないのにこんなことを言うのは恐縮だが、あれ以来、どこの団体も20代そこそこの若い選手を早く上に引き上げるようになったと感じられるのである。

(そういえば11月23日には、スターダムの林下詩美もなんとデビュー3ヶ月でタッグ王者となった。

 さすがにこんなのは男子プロレスでは、まだ絶対にあり得ない。


 しかし元から女子プロレス界には、こういう「ごく短期で上に上げる傾向」があったように思う。)

(⇒ 2016年5月15日記事:週刊プロレスの若手育成論に異議 その3 女子プロレスはどうなのか? 多産多死戦略と少産少死戦略)


 ところで、こういう「20代前半の若者を抜擢する」ことがほとんど絶対できないのは、他ならぬ――

 一般社会の、一般企業や団体である。


 20代前半の若者がトップとか幹部クラスになれるのはベンチャー企業くらいであって、既成の組織でそんなことがあるなんてあなたも思わないだろう。

 そしてまた、その抜擢される20代前半の若者というのが自分以外の人であれば、あなただってそれが「良いこと」だとは思わないだろう。

 プロレスもそうだが、世の中の芸能界やスポーツ界で、若者が活躍するのが好まれたり話題にされたりしているのは、

 どうも現実世界(一般社会)とは違うファンタジーの世界に触れるのと同じ感覚、

 悪く言えば、現実逃避やガス抜きの面があるようにも思える。

このエントリーをはてなブックマークに追加

長与千種は「元」プロレスラーと申告していた-お詫びと危惧と小さな謎

 先日の記事で、

「長与千種のことを『元』プロレスラーと報道するメディアには、プロレスファンがいないからではないか」

 と書いたのだが――

 今日の東スポの記事で、それは長与自身が警察にそう申告したからだということがわかった。

(⇒ 東スポWeb 2018年11月20日記事:ケンカ仲裁で暴行被害・長与千種の評価)


 なるほど本人がそう言っているのなら、そう報道するのが筋である。

(もっともこれが犯罪者であれば、「自称元プロレスラー」などと表記されるのだろうが……)

 まずはこの件、メディアの皆様にお詫びしなければならない。


 しかしそれはそれで、どういう意味なのかと心配してしまうのが長与ファン・プロレスファンである。

 これはもしかして、長与自身の中では「自分はもうプロレスラーじゃないから……」という意識があるのだろうか。

 それともなるべくプロレス界に迷惑をかけたくない一心で、せめて警察の聴取には「元」と付けようととっさに思ったのだろうか。 


 長与がここ数ヶ月、試合をしていないのは事実である。

 しかし大仁田厚と組んで電流爆破タッグ王者となりベストタッグ賞も獲ったほどの人物が、引退興行なしで「いつの間にか引退していた」なんて道を選ぶとは思いがたい。

 そして実際11月30日には佐賀県鳥栖市のチャリティー大会で、電流爆破戦をやる。

 なぜ今回長与が「元」プロレスラーと名乗ったのか、たぶんそんなに深い意味はないのだろうが、やや謎である……

このエントリーをはてなブックマークに追加

Appendix

プロフィール

平 成敏

Author:平 成敏
1970年代生まれの男性。
認定ファシリティマネジャー、主に施設管理の仕事に従事。
プロレス、社会、歴史など、興味関心のある分野についてあまり脈絡にこだわらず書いていきます。(⇒プロレス以外の話題については、別ブログ【社会・ニュース・歴史編】をご覧ください。)

著作一覧(アマゾンkindle版)

ペペチール第三王朝の興亡:表紙 世界系統樹:表紙 尊敬なき社会(上):表紙 尊敬なき社会(下):表紙 表紙:『もうすぐ無人島になる瀬戸内の島へ』 ブログ販売欄掲載用

FC2ランキング

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2アクセスカウンター

日本ブログ村・人気ブログランキング アクセスランキング

ツイッターウィジェット

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR