FC2ブログ

Latest Entries

ZERO-1の存続危機-それでもZERO-1は消えないだろう、たぶん……

 6月29日、ZERO-1は、佐藤耕平・高岩竜一・日高郁人の3選手の退団を発表した。

 一般にZERO-1の主力選手とイメージされるのは、この3人に総大将の大谷晋二郎を加えた4名である。

 つまりZERO-1は、一挙に主力選手の大半を失った。

(⇒ 東スポweb 2020年6月28日記事:【ゼロワン】主力の耕平、高岩、日高ら3選手退団 新代表も離脱し存続の危機)

(⇒ 日刊スポーツ 2020年6月29日記事:ゼロワンが高岩竜一、日高郁人らベテランの退団発表)

 もともとZERO-1は、「試合内容は良いのに、なぜか観客動員が伸びない」ことで知られてきた。

 しかし報道で伝えられるZERO-1の内情は、悲痛というか悲壮なまでのものである。

 運営会社が今年3月1日にドリームオンステージからiFDに変わったのは良いとして……

 それからすぐに、コロナショックに見舞われる。

 おかげで大会は開催できず興行収入もなくなり、

 4月には代表の岩本氏から選手・スタッフに「8割もの給与カット」が伝えられたという。

 しかもこの岩本氏は、直後に団体を離脱。

 それはもうこんな状況になっては、今回の3選手が退団しても仕方がないというものだろう。

 コロナショックで経営が立ちゆかなくなり、廃絶する団体が出てくることは、プロレスファンの誰もが思っていたところのはず。

 そしてそれがZERO-1かもしれないとも、多くの人は危惧していたろう。

 とうとう、それが現実になってしまったのだろうか。


 だが私は、これは必ずしもZERO-1の滅亡につながらないだろう、とは思っている。

 まず、たとえ所属選手が大谷晋二郎ただ一人になってしまったとしても、それでも彼がZERO-1を名乗ることは可能である。

 これには前例があり、かの有名な「藤原組」は、藤原喜明一人であっても(個人事務所として)存続したことになっているではないか?

 また、そういう存続の仕方を考えなくとも――

 ZERO-1にはまだ、田中将斗、菅原拓也やSUGI、岩崎永遠や火野裕士といったメンバーが、

 さらにはオッキー沖田という大谷に並ぶ?「象徴」も残っているではないか。

(ZERO-1の所属ないしレギュラー参戦メンバーは、意外に多いのだ。
 
 そしてそのメンバーは、別に他団体に劣ってもいないと思う。)



 さらに言えば今回の大量離脱は、ようやくZERO-1が真の団体改革・構造改革に脱皮できるチャンスかもしれない。

 このたび離脱した3選手は、佐藤耕平42歳・高岩竜一47歳・日高郁人47歳と、全員が40歳を超えている。

 単純に考えても、団体は大幅に若返ることになる。

 もし給料が安くて済む(そして、実家の親の収入に頼れる)若手レスラーを補充して活躍させられれば、ZERO-1に新しい景色をもたらしてくれる可能性は充分にある。

 そして「高年齢主力選手の離脱」と「コロナショックによる観客大幅減」をなんとか切り抜けた暁には……

 ZERO-1の観客数伸び悩みの最大の原因だったはずの、

「観客層までも高年齢化・固定化」


 という(今までは変えようもなかった)現実が、ようやく変わることになるかもしれない。

 というより、ぜひそうなってほしいものである。

このエントリーをはてなブックマークに追加

秋山準は「解任」されていた-王道はDDTが引き取る?

 6月27日、全日本からDDTへ「レンタル移籍」すると発表された秋山準だが……

 実は全日本のフロントから、社長・取締役・コーチ役(GM職)を解任されていたのだ、と本人が明かした。

 福田社長によると、後任コーチはTAJIRIであるらしい。

(⇒ 東スポweb 2020年6月27日記事:【DDT】レンタル移籍の秋山準 全日本プロレスの取締役とコーチから解任された事実を明かす)


 この「真相」について、プロレスファンのほとんどは否定的反応だと思う。

 次のコーチ役がTAJIRIだというのに文句を付ける気はないが、

 最後の四天王であり王道継承者(とされている)秋山が、

 よりにもよって経営陣としてだけでなくコーチ役として「解任」されるなんて……

 と、ほぼ100%のプロレスファンが思うのではなかろうか。

 
 もちろん私は全日本の内幕なんて知るわけないが、察するに――

 秋山準のギャラは、今の全日本の経済力からすれば、やや高すぎたのではあるまいか。

 それも秋山の解任はコロナショック前のことなので、コロナショックがあろうとなかろうと、全日本の台所事情は予断を許さないものがあったと思われる。

 当然ながら福田社長も、秋山の「商品価値」は充分にわかっているはずである。

 少なくともプロレス界では、「秋山の存在=ジャイアント馬場の王道継承」というイメージがある。

 そのブランド力は、少しばかりのカネには替えがたいものがある。 

 一方の秋山もまた、『巨星を継ぐもの』という本を自分の名前で出している(巨星とはむろん、馬場のことである)くらいなので――

 自分が全日本にいる「メリット」は、よくわかっているはずである。


 しかしやはり、若手を教える役まで外されるという「居場所がなくなる感」というのは、そんなメリットを上回って消化しがたい、ということなのだろう。

 そしてまた、よく「ベルトの価値は、ベルトを巻くレスラーによって決まる」と言うが……

 「王道継承」というイメージもまた、団体ではなく個人に付いてくるものなのかもしれない。

 すなわち王道というイメージは、可搬的である。

 この点で全日本のフロント陣と秋山個人とでは、どうしても秋山の方に分がある。


 またこれは、秋山の移籍により、「ジャイアント馬場の王道は、なんとまあDDTに移行した」ということにもなる。

(もちろん全日本には、不動の最後の砦である渕正信がいるのだが……)


 いったいこんなことを、誰がDDT旗揚げのとき予想したか。

 どうやら今回の移籍劇、

 私がつい先日の記事で書いた「DDT・NOAH・全日本の対新日本大連合」というわけではなく、

 「DDTが王道エッセンスをも取り込んだ」と整理した方がいいようである。

 またその裏にはもしかしたら、サイバーエージェントの豊富な資金力(秋山に相当のギャラを用意できる)があるのかもしれない。


 おそらく新日本は、その親会社のブシロード(の格闘部門)は、

 DDTと高木三四郎及びその親会社サイバーエージェントの動向を、

 やや不気味な思いを持って眺めているのではなかろうか……

秋山準、DDTに「移籍」-企業プロレス(対・新日本連合)最終段階へ?

 全日本プロレスの総大将的存在で「王道後継者」「最後の四天王」とも呼ばれる秋山準(50歳)が、近々DDTへ「レンタル移籍」するという。

 これは、なかなかに大事件のはずである。

(⇒ 東スポweb 2020年6月26日記事:全日本・秋山準がDDTにレンタル移籍へ 高木三四郎社長が指導力と影響力を高評価)


 今年5月9日に秋山はDDTのゲストコーチに就任し、以後DDTの試合の常連となったのは周知のとおり。

 ゲストレギュラー参戦からレンタル移籍、それから時を置かずに完全移籍、というのは、プロレス界にいくらでもあるパターンである。

 そういうことは、特に珍しくもなんともない。

 しかしそれが、全日本のトップのはずの(そして実際に前社長でもあった)秋山準だとなると、話は別だ。


 それにしても秋山準と言えば、今年3月2日(つまりコロナショックの直前)には――

 WWEにコーチ招聘されたとか、トリプルHと会談するとか言われていたものである。

(⇒ 2020年3月2日記事:WWEと全日本が合体? プロレス界は新日本vs全日本の時代に戻るか)


 そこで私は、WWEが計画するという「NXTジャパン」は全日本がその中心となり、WWEと全日本が合体することまであるかもしれない、と思ったものであった。

 しかしそれもコロナショックのおかげで、WWEの方もそれどころではなくなったようだ。

 そしてどうやら、秋山準のWWE行きもなくなったらしい。


 
 だが、WWEに行かなくなった代わりが、DDTへの移籍であった。

 普通の一選手の移籍だったら、こんな風には思わないかもしれないが……

 全日本の象徴と言っても過言ではない秋山準の移籍となると、やはり

「今度は全日本が、DDTと連合しようとしている」

 ように思えるものである。

 DDTとNOAHは、サイバーエージェント傘下として連合した。

 そして今度は、全日本の王道継承者の秋山準がDDTに移籍し、これは全日本もまたサイバーエージェント傘下に入る予兆とも見える。

 その全日本には、芦野祥太郎ら旧WRESTLE-1勢が大挙流入している。

 なんだか新日本以外の主要プロレス団体が、新日本に対抗する大連合を築かんとしているように見えるではないか。


(大日本プロレスとドラゴンゲートを除いて……)


 そして言うまでもなく、その大連合の盟主は高木三四郎である。

 サイバーエージェント社を君主だとすれば高木三四郎は宰相で、

 まるで春秋戦国時代の(複数国の宰相を兼ねた)蘇秦・張儀のような存在である。

 
 ようやく無観客試合を始めて再始動した新日本と、

 DDT・NOAH・全日本の(まだそうと決まったわけではないが)大連合……

 ここ3年ほどで日本の「企業プロレス」化は急速に進んだが、いよいよそれも最終段階へ入ろうとしているのだろうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スターダム興行再開-ジャングル叫女欠場・有田ひめか登場、ジュリアは現代の長州力か

 6月21日、スターダムが3月24日以来の興行を、新木場1stRINGで開催した。

 観客はファンクラブ会員の100人限定であった。

 冒頭、故・木村花の親友であったジャングル叫女がリングに上がり――

「まだ自分の心の中で整理が付いていなく、戦える状態でないので欠場させていただきます」と挨拶した。

 これについては、全く言葉がない。

 我々のほとんど全員は、「親しい友人が殺人同然の自殺を遂げ、しかもその死の直後に駆けつけて遺体と対面する」などという経験をしないものである。

 5月23日のその日からまだ1ヶ月、心の整理が付かないのは当然のことと言っていいだろう。

 私なら、100人の観衆の前に立ってマイクで何か言うことさえも、心の整理が付かないからできません、と断ってしまいそうである。

 
 さて、「木村花死去後、初の興行」という視点を抜きにして(抜きにできるものではないが)考えるなら――

 今回の注目はやはり、ジュリア率いるドンナ・デル・モンドの「新戦力」とは誰か、という点にあっただろう。

 そしてそれは、今年3月末にアクトレスガールズを退団した「ジャンボ・プリンセス」こと有田ひめかであった。

 女子プロレス界には「ジャンボ」の系譜があり、古くはジャンボ宮本(身長166センチ)、もう少し新しくはジャンボ掘(身長175センチ)、そして現代の有田ひめか(身長171センチ)である。

 男子に比べればもちろん、外国人女子選手のことを考えれば、みんなそんなに「ジャンボ」とは思えないのだが……

 しかしやはり日本人女子選手の中に入れば、確かにビッグでジャンボに見えるものだ。

 そして、ジュリア・朱里・舞華・ひめかと並ぶシーンもまた、確かに見栄えがするものである。

 おそらく、いや確実に、ジュリアのドンナ・デル・モンドは――

 いま女子プロレス界のみならずプロレス界全体で見ても、最も注目され勢いのあるユニット
だろう。

 ジュリアは未だ「お騒がせ女」という形容詞を付けられることが多いが、今でもアイスリボンを不義理?退団したことで彼女を叩く人はいるのだろうか。

 というか、なんで彼女がお騒がせ女と呼ばれているのか、わからないかすぐにはピンとこない人が大半ではないかという気がする。


 今、女子プロレス界の中心はジュリアである。

 とにもかくにも、ドタバタ退団劇で注目を集めたのは、結果的には大成功であった。

 プロレス界においてはやはり、乱を起こす者が勝つのだろうか。

 オールドファンなら、かつての長州力がそうだった
(と私は思う)ことを、思い起こさずにはいられないのではなかろうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加

宮戸優光、中野巽耀を訴える-「宮戸UWF本」待望論

 元UWFそして元「Uインターの頭脳」である宮戸優光(57歳)が、同じく元UWFで現役プロレスラーの中野巽耀(54歳)を、名誉毀損で訴えた。

 中野巽耀の著書『私説UWF 中野巽耀自伝』(辰巳出版)の記述が、自分への意図的な誹謗中傷だとしたものである。

(⇒ スポーツ報知 2020年6月12日記事:「元UWF」宮戸優光氏、名誉毀損でプロレスラー中野巽耀と編集人を刑事告訴…中野の著書で「意図的に誹謗中傷を受けた」)


 これを聞いて、「ついに来たか」「木村花事件の影響がついにUWFにも」と思った人は多いだろう。

 実を言うと私も、ここ10年くらいに出版されたいわゆる「UWF本」を(もちろん全部ではないが)読んできて、一番思うのは――

「いったい宮戸優光は、こんなこと書かれて何も言い返さない・書き返さないのか」


 という感想であった。

 彼こそはUWF本において、元UWF関係者の中で最も批判的に(そして、確かに名誉毀損的に)書かれてきた人物である。

 たぶんここ数年のUWF本読者の心の中で、彼はすっかり「悪者」のイメージができてしまったのではないか。

 今回告訴に至ったことについての会見で、

 宮戸優光は今まで自分が「反論」してこなかった理由、
 
 それなのに今回告訴に踏み切った理由を、次のように述べている。


●私は、誹謗中傷に対して同じような汚い言葉で返そうという気持ちは毛頭ありません。

 ただ、彼(中野巽耀)は、悪口を書籍化して出版することを当たり前のようにやっているようですが、こういうことをやったら社会のなかでどうなるのかということを法に問いたい。


●今、プロレス業界は、ここ数年にわたって、いろんな雑誌、書籍、ユーチューブ、トークショーで誹謗中傷、侮辱、悪口があふれています。

 ある意味、それが当たり前の業界になっていて、冷静になって考えるとひどい状況だと思います。

 こういった書籍、出版物である種の悪者が作り出され、それを読んだ読者、トークショーの来場者、動画の視聴者がSNSで悪者にされた人を誹謗中傷するネガティブな連鎖が実際に起きています。


●他にもプロレス界で一時代を築いた先輩方で好き放題に書かれて、言われている方がたくさんいらっしゃいます。

 悪口を言った人間がすごいって言われて、黙っていたら悪者みたいな常軌を逸している世界は悲しい限りです。


●この何年間のUWF関連の本は、見るのも嫌なぐらいで、実際に最近は目を通していませんが、その書籍の中で当時、私との間で気に入らなかったことがあった人間にいろいろなことが書かれ、それを読んだ読者がSNSに私へのひどい中傷を書き込むことが現実になっています。


●これまで黙っていたのは、決して言われたことがその通りだからではありません。

 この年になって30年以上前にいろいろあった人たちと今また中傷合戦のようにはなりたくなかったからです。

 しかし、今回またこれだけのことを好き勝手に書かれて考えが変わりました。

 私の名前を汚されることはビル・ロビンソン先生、私を慕ってくれる人、家族も汚されることになります。


●今後も書籍、雑誌、ムック、トークショー、ユーチュ-ブで発信源になって、私の名前を汚されたものに関しては、法的にどうなるのかを問いかけるつもりです。


 「プロレス界で一時代を築いた先輩方で好き放題に書かれて、言われている方がたくさんいらっしゃいます」という点ですぐ思い浮かぶのは――

 長州力(キラー・カーンはこの人が大嫌いらしい)、坂口征二(意外なほど多くの元選手が皮肉や悪口を言っている)あたりだろうか。

 そして宮戸優光へ最も辛辣な「誹謗中傷」を投げかけている者と言えば、

 それはもう前田日明その人をおいて他にない
、というのも、UWF本読者ならみんな思い当たるだろう。

(なんでも前田日明はUWFを「主にオランダ勢とのリアルファイト」に変える予定だったが、

 それに付いていく実力のない宮戸優光はレフェリーに回そうかと思っていたらしい。

 そしてまた、だからこそ宮戸優光はUWF分裂の際に前田日明を「裏切った」らしい。

 もう一つ、そんなことよりはるかに重大な告発めいたことを宮戸優光にしているのも、読者には周知のとおりである。)


 確かに宮戸優光は、よく今まで我慢してきたものだとも思う。

 
 だがやはり、思わないではいられないことが一つある。

 それは、名誉毀損で告訴するのももちろん自由だが――

 やっぱり宮戸優光には、「宮戸優光の見たUWF」本というものを書いてほしい、ということである。

 むろん宮戸優光は、これまで何冊ものUWF本を書いてきた。

 しかしそれはUWFインターについてであり、最も需要の高いはずの第一次・第二次UWFをメインに据えたものではない。 
 
 「宮戸UWF」本は、プロレスファンの間で最も待望されている本、と言っても言い過ぎではないのではないか。

 
 もっとも、たぶん「宮戸UWF」本は、近い将来実際に書かれることになるだろう(という気がする)。

 そしてもう一つ、衆目が一致する注目点は――
 
 今後も名誉毀損で訴えていく意思を示した宮戸優光が、はたしていよいよ前田日明を訴える日は来るか、ということだろう。

このエントリーをはてなブックマークに追加





Appendix

プロフィール

平 成敏

Author:平 成敏
1970年代生まれの男性。
認定ファシリティマネジャー、主に施設管理の仕事に従事。
プロレス、社会、歴史など、興味関心のある分野についてあまり脈絡にこだわらず書いていきます。(⇒プロレス以外の話題については、別ブログ【社会・ニュース・歴史編】をご覧ください。)

著作一覧(アマゾンkindle版)

ペペチール第三王朝の興亡:表紙 世界系統樹:表紙 尊敬なき社会(上):表紙 尊敬なき社会(下):表紙 表紙:『もうすぐ無人島になる瀬戸内の島へ』 ブログ販売欄掲載用

FC2ランキング

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2アクセスカウンター

日本ブログ村・人気ブログランキング アクセスランキング

ツイッターウィジェット

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR