FC2ブログ

Latest Entries

棚橋弘至はケニー・オメガのプロレスが好きじゃない-イデオロギー闘争はプロレスの華・独自性

 G1クライマックスに優勝して一夜明け、棚橋弘至が会見を行った模様が新日本プロレス公式サイトに出ている。

(⇒ 新日本プロレス公式サイト 2018年8月13日記事:棚橋弘至一夜明け会見)


 ここで棚橋は、興味を引かずにいられないことを言っている。

(1) いいモン(ベビーフェイス)同士である自分とケニーの試合は難しい。

(2) だから、「オレはお前のプロレスが好きじゃない」というイデオロギーで対立構造を作るしかないと思う。

(3) 自分は本当に、ケニーのプロレスが好きじゃない。



 残念ながら、棚橋はなぜ自分がケニーのプロレスが好きじゃないのか言わなかったし、そういう質問もされなかったようだ。

 しかし推測するに棚橋は――

 ケニーのやっている「派手で、激しく、一目でスゴいと思われるプロレス」が、

 端的に言えば「初めからベストバウト狙いのプロレス」が好きじゃない、ということなのだと思われる。



 棚橋は

「ベビーフェイス同士の対戦は難しい。

 だからわざとイデオロギー闘争の構図を作って対立構造を作ろうと思う。」

 なんて、まるで作家かシナリオライターの種明かしみたいなことを言っているのだが……

 そのすぐ後で「ケニーのプロレスが好きじゃないのは本当」と、事実(リアル)による説得力を持たせようとしているわけだ。

 こういった点で、やっぱり棚橋はプロレスラーの中のプロレスラーだ、と感じる人は多いだろう。



 ところでプロレスの特異な点と言えば、「イデオロギー闘争」という言葉がファンやマスコミの間で普通に使われるというところである。 

 そして実際、いささかでもコアなプロレスファンが一番喜び・興奮するのが「イデオロギー対決」だということには、コアなファン自身がきっと認めるだろう。

 イデオロギーというのは、普通の生活の会話の中でそんなに出てくる言葉ではない。

 しかしプロレス界では話が違い、なんたってグーグル検索で「イデオロギー」と打てば「イデオロギー プロレス」という候補がすぐ出てくるくらいなのだ。


 いったい他のスポーツ界、いやプロレスがスポーツでないというなら演劇界でさえ、イデオロギー闘争なんて言葉は全然聞かないものである。

 しかし「新日本 vs Uインター」全面戦争を頂点として、このイデオロギー闘争というものでプロレスファンがどんなに盛り上がってきたか、ちょっと測りがたいものがある。

 まさにイデオロギー闘争はプロレスの華――

 「プロレスはスポーツでも演劇でもなく、プロレスはプロレス」という昔の名言を、最もよく表現するものなのだろう。

 
 そして「派手なプロレス」と「プロレスはそんなもんじゃないよ」という対立は、これから百万年プロレスが続いたとしても解消されそうもない図式である。

 つまりプロレスラーもプロレス団体もプロレスファンも、無尽蔵の金鉱脈を持っている、と言ってもいいかもしれない。


 
 それにしても棚橋とケニーと言えば――

 昔は「チャラ男」と「インディーのコミカルレスラー」(と言っては言い過ぎか)だった二人である。

 その二人がプロレス界の頂点に位置する今、行き着いたところはやはりイデオロギー闘争なのだ。

 プロレスラーも他のどんな人間も、最後に行き着くところ、あるいは拠り所は、やはり「思想」または「好み」なのだ、ということだろうか……

このエントリーをはてなブックマークに追加

2018G1は棚橋弘至が優勝-エースは1.4にたどり着けるか?

 新日本プロレスワールドで、G1決勝戦・日本武道館大会を見た。

 まず印象に残ったのは、「G1未出場者」タイチ(と飯塚高史)に、NEVER無差別級王者・後藤洋央紀とYOSHI-HASHIがほとんど一蹴されてしまったことである。

 G1成績3勝6敗というのもアレだが、このタッグマッチの惨敗はいったいどういうことなのだろう。

 YOSHI-HASHIが負けるのはいつものこと(と言っては悪いが……)としても、「NEVER王座の価値って……」と万人が感じてもおかしくない。

 そして実際、たぶんNEVER王座の価値は今が最低なのではないか。

 後藤洋央紀、何としても奮起してもらいたいところだ。


 次にセミファイナルでは、オカダ・カズチカvsレイ・ミステリオjr.という夢の対戦カードの6人タッグがあったのだが……

 そういえばオカダ、昨日のスポーツ紙では(G1決勝進出を逃して落ち込みながら)「明日、発表したいことがあります」と言ったと報じられていたと思うが、結局そういう発表はなかった。

 その発表の方が気になって、あんまり試合は身を入れてみることができなかった……笑


 さてメインイベントの、棚橋弘至 vs 飯伏幸太――

 不明を恥じて言うならば、私はこの試合、飯伏が勝つと思っていた。

 さすがに満身創痍の棚橋が飯伏に勝つとはあまり思わなかったし、

 しかも棚橋が勝てば三度目のG1制覇だが、飯伏が勝てば初のG1制覇となるというシチュエーションならば、まぁ飯伏の勝ちだろうなんて思っていた。

 しかし結果は、ハイフライフロー三連発で棚橋の勝ちである。

 そのうえ棚橋の勝ち方は、決して不自然ではなかった。

 さすが棚橋弘至、エアギターは錆び付いていたかもしれないが、試合構築能力は錆び付くどころではなかったのだ。



 ところで従来の例から行けば、G1優勝者は来年1月4日の東京ドームでケニー・オメガとメインを戦うことになる。

 今大会ではケニーに石井智宏が挑戦表明したが……

 いくら石井の試合を絶賛する人でも、さすがにIWGPヘビー級王座を戴冠することはないだろう、と薄々思っているようにも思う。

 よってケニーが1月4日まで王者であることはほぼ確実だろうが――

 その一方、棚橋弘至が挑戦権利証を落とす、というのはかなりあり得る話である。

 今まで、G1優勝者が挑戦権利証争奪戦で敗れたことはない。

 しかしそれだからこそ、そろそろそういうことがあるのではないかと(きっと多くの人が)感じているのではないか?


 もう棚橋弘至は、どんな悲劇や醜態でも(ファンが)受け入れることのできるレスラーである。

 この点ではもう、アントニオ猪木を超えていると言ってもいいかもしれない。 



 とはいえ棚橋弘至 vs ケニー・オメガというのは、確かに東京ドームのメインで見てみたいカードではある。

 棚橋自身は、今回のG1での目標を「完走すること」と答えてミラノコレクションA.T.を一瞬ガッカリさせたそうである。

 しかし本当の目標は、今の万全とはほど遠い肉体で「1月4日まで完走すること」と言った方がいいのだろう。


 そしてファンは、今の棚橋ファンは、そういう棚橋にこそ魅力を感じて応援したくなる……

 棚橋弘至、まさにプロレスを体現するレスラーである。

このエントリーをはてなブックマークに追加

G1決勝は棚橋弘至vs飯伏幸太-新日本の時計の針は元に戻った?

 新日本プロレスワールドで、新日本8月11日・日本武道館大会を見た。

 大注目のメインイベント、ケニー・オメガvs飯伏幸太は飯伏が勝利し、結局明日の決勝戦は棚橋弘至vs飯伏幸太となった。

 この組み合わせだけ見れば、まるで「新日本の時計の針が元に戻った」かのように感じられる――

 ついこの前、杉浦貴がNOAHのGHCヘビー級王座を奪取したときも同じような感覚があったのだが、似たようなことはどこでも起こるものである。

 とはいえこれは悪口ではなく、つまりは「新勢力は、まだまだ真の中心軸に確固たる地位を占めていない」ということなのだろう。

 今回のオメガvs飯伏戦は、6年前の「インフレーション宇宙」という言葉を思いつくほどハチャメチャにぶっ飛んだ試合ではなく、むしろこの2人にしては静かな試合運びではあったように思う。

 (あれでそう感じさせるのだから、たいがいだが……)

 期待された?タマ・トンガらバレットクラブOGの乱入もついになく、あまりにも爽やかな結末であったため、この2人は次回の(1.4東京ドームでの?)再々戦のための「溜め」を今回は作ったんじゃないかと思えるほどだ。

 ともあれ明日は決勝戦――

 棚橋が勝つのと飯伏が勝つのと、どちらが今後のストーリー展開が面白くなるものか、もちろんのこと多くのプロレスファンは今から妄想算段を繰り広げていることだろう……

このエントリーをはてなブックマークに追加

松本浩代もWWE参戦-WWEは「豪華外国人」を呼ぶ馬場全日本化している?

 先日の里村明衣子のWWE(女子トーナメント)参戦もそうだったが、これはそれより衝撃的かもしれない。

 今度はあの松本浩代もまた、WWEの女子トーナメントに参戦することが発表された。

(⇒ 東スポweb 2018年8月2日記事:【WWE】松本浩代がメイ・ヤング・クラシックに参戦)

(⇒ 2018年7月27日記事:里村明衣子、WWEにメールを出し書類選考落ちしていた-夢の対決「里村vsロンダ・ラウジー」は熱望したい)

 結局メイ・ヤング・クラシックトーナメントには、紫雷イオ・里村明衣子・松本浩代という3名もの日本人女子選手、しかも確かにトップクラスの3選手が一度に参戦することになる。

 これは、ちょっとした異常事態と言っていいのではないか。

 それにしても松本浩代がWWE参戦とは、たとえ熱心な女子プロレスファンと言えどもちょっと盲点だったような気がする。

 里村明衣子までWWEに参戦する時代になっても、それでもなお次に松本浩代の名が思い浮かぶ人って、そうはいないと思われるからだ。

 本当にWWEは、日本人女子のトップクラスを総ナメにするつもりなのだろうか。

 アジャ・コングなどは例外として、残るトップ選手と言えば高橋奈七永が思い浮かぶが……

 もう「高橋奈七永がWWEに参戦する」なんて聞いても、驚く場合ではなくなってしまったようである。

 かの有名な高橋奈七永と華名(ASUKA)の因縁がWWEマット上で清算されるかもしれないなんて、こんなことすら夢物語ではないかのようだ。

 となると今後、藤本つかさや世志琥や彩羽匠らがWWEに上がることになったとしても、何の不思議もないような気がする。

 
 
 しかし本当にWWE、どこまで日本人女子選手を「コレクション」していくのだろうか。

 これはまるで、「豪華外国人」の招請をコンセプトとしていた馬場全日本のようなものである。

 アメリカのプロレス市場にとって、日本人女子選手というのはそこまで効果的で集客力のあるコンテンツなのだろうか。

 アメリカ人ならぬ身にはわからないことであるが――

 なんだか今後、女子プロレスの世界は空恐ろしいことになっていきそうな気配である。

このエントリーをはてなブックマークに追加

RENA、浅倉カンナに連敗し格闘技休養-プロレスと格闘技の間

 7月29日のRIZINさいたまスーパーアリーナ大会で、RENAが再び浅倉カンナに敗れた。昨年大みそかに続き、2連敗である。

 そして驚くべきことというか何というか、

「今は少しちょっと格闘技を離れたい。また見つめ直したい。

 (略)

 一回、普通の女性に戻って、いろんな所に行ってリフレッシュしたい」

 との休養希望を口にしたとのこと。


(⇒ デイリースポーツonline 2018年7月29日記事:RENA「普通の女の子に戻る」浅倉カンナに連敗で休養へ)


 これは引退宣言ではなく、RENAはたぶん格闘技に戻ってくるはずである。

 しかし、中井りんが一時期音信不通状態みたいな休業に入ってしまったことを思うと、もっと重篤になってしまうんじゃないかという懸念もあるにはある。

(その中井りんは、今回熱中症によりRIZINを欠場した……)



 それにしてもこれ、プロレスでは決してあり得ないような話である。

 同じ相手に2連敗とか3連敗とかするなんてプロレスでは珍しくもなく、いちいち憶えてはいられないほどだ。

 こんなこと言ってたら本間朋晃なんて、いったい何度休養しなくてはならなかったろうか。


 しかしこういう点が、プロレスと格闘技の間に横たわる超えられない断絶なのだろう。

 少なくとも世間の人がそう感じるのは避けられない――

 プロレスの負けはただの負けで日常茶飯事と言ってもいいが、格闘技での負けは(いま最高潮に売れっ子であるはずの選手に取ってさえ)仕事そのものを休むほど深刻で重大なものである。

 いくら鈍感な人であっても、そう感じないことは非常に難しいだろう。 


 だが一方、その当のRENAが今回は「黒い衣装」で、蝶野正洋のテーマ曲で入場してきたというのが、日本における何とも言えぬプロレスと格闘技の「切っても切れなさ」を象徴しているようにも感じる。

 プロレスと(総合)格闘技の完全分離はまだまだ当分完了せず――

 それどころか日本では、クロスオーバーというか二人三脚みたいな形が続きそうである。

 本当は相容れるはずのない両者が「共存」しているという現象は、やっぱりこれも「日本的」と言うべきなのだろうか……

このエントリーをはてなブックマークに追加

Appendix

プロフィール

平 成敏

Author:平 成敏
1970年代生まれの男性。
認定ファシリティマネジャー、主に施設管理の仕事に従事。
プロレス、社会、歴史など、興味関心のある分野についてあまり脈絡にこだわらず書いていきます。(⇒プロレス以外の話題については、別ブログ【社会・ニュース・歴史編】をご覧ください。)

著作一覧(アマゾンkindle版)

ペペチール第三王朝の興亡:表紙 世界系統樹:表紙 尊敬なき社会(上):表紙 尊敬なき社会(下):表紙 表紙:『もうすぐ無人島になる瀬戸内の島へ』 ブログ販売欄掲載用

FC2ランキング

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2アクセスカウンター

日本ブログ村・人気ブログランキング アクセスランキング

ツイッターウィジェット

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR