FC2ブログ

Latest Entries

大日本プロレス・2019一騎当千は木高イサミが優勝-「最もプロレスラーに見えない」最高レスラー

 サムライTVの生中継で、4月14日札幌マルスジムでの大日本・一騎当千2019の決勝大会を見た。

 決勝戦は木高イサミvs竹田誠志で、木高イサミが勝利。

 5月5日の横浜文化体育館大会で、デスマッチ王者の高橋匡哉に挑戦することが決まった。


 実は私、日本に現存するプロレスラーの中で最高位に位置するのは、木高イサミではないかと思っている。

 異論はあるに決まっているが、オカダ・カズチカや宮原健斗、関本大介より上ではないかと思っている。

(プロレス界への功績、という点ではまた違うだろうが……

 これについては、棚橋弘至が圧倒的な支持を集めるのはわかりきっている。)


 木高イサミというレスラーを一目見て誰もが思うだろうことは、「あんまりプロレスラーらしくない」というものである。

 筋肉モリモリというわけではなく、胸筋もレスラーらしく鎧みたいな形に盛り上がっているわけでもなく――

 「細マッチョ」とは思われても、プロレスラーだと直感する人はそうはいないに違いない。

 実際、いろんなプロレスラーを並べて「誰が一番プロレスラーらしくないでしょう?」とプロレスを何も知らない人たちに聞いてみれば、一番多くの票を集めるのが彼だろう。


 木高イサミは、一般人に最も近い――

 ヘタすれば、一般人だと間違われそうなプロレスラーである。

 しかし、にも関わらずプロレスファンにとっては、「(見た目ではなく)一番プロレスラーらしいプロレスラーは誰か?」と聞かれたとき、木高イサミの名を挙げる人はかなり大勢いる気がする。


 デスマッチにせよ通常ルールにせよ、彼が今までやってきた試合を見せられてきた人ならば、そういう見方になるのは至極当然ではあるまいか。


 これにはたぶん、「一番プロレスラーらしくない外見」の人がプロレスラーらしい激闘をやっている、という「逆の視覚効果」が影響している。

 ただそれにしても、不思議なくらい彼の試合の「プロレスラー感」は尋常じゃなく見えるのである。

 このオーラ(安易な言葉で申し訳ないが)に対抗するのは、他のプロレスラーにとってかなり難しいものがある。


 今回の試合後にチャンピオンの高橋匡哉はリングに呼び込まれ、マイクでイサミと舌戦したが……

 誰が見ても明らかなように、観客の支持は圧倒的にイサミの方にあった。

 これは、イサミのオーラに勝つことがいかに難しいかの証明のようなものである。

(高橋匡哉も他のレスラーも、激闘を重ねてきたという点ではイサミに劣らないはずなのだが……)


 木高イサミに「勝つ」のは難しい。

 その難題をどうすれば解けるのか、というのは――

 高橋匡哉のみならず大日本勢のみならず、全ての日本の(男子)プロレスラーに課せられた課題である、と言っては大袈裟だろうか。


このエントリーをはてなブックマークに追加

オカダ・カズチカが三森すずこと結婚-結婚は(貧乏人にとっては特に)最高の保険?

 1年前から真剣交際を宣言していたオカダ・カズチカと声優の三森すずこが4月12日、ついに結婚したことを発表した。

(⇒ 東スポWeb 2019年4月13日記事:結婚!オカダ・カズチカ独占直撃「試合がどんな結果に終わっても一人じゃない」

(⇒ 2018年1月18日記事:オカダ・カズチカ、森葉子アナと破局⇒三森すずこと交際宣言-「イメージプロレス」と東スポvs文春vsFRASHの暗闘)


 プロレス界の頂点(の一人)と声優界のビッグネームのゴールインは、まことに喜ばしいことだ。

 そして「交際宣言していたのに破局」などという最悪パターンに陥らなかったのは、さらに喜ばしい。

 タイミングとしても少なくともオカダにとっては最高で、オカダは4月7日にアメリカはマディソン・スクエア・ガーデンでIWGPヘビー級王者に返り咲いたばかりである。

 つまり公私ともに絶頂を極めた形で、もちろんこの結婚発表のタイミングはそのことを見計らってのことだと思われる。


 ところで今から書くことは、私のみならず大勢の人が直感的に思ったことだと信じるのだが……

 きっとあなたも、

「これでオカダが仮にケガで長期欠場しても引退に追い込まれても、収入面では安心だ」

 と思ったのではないだろうか?



 「長期欠場中のプロレスラーはどうやって生計を立てているのか?」というのは、

 「プロレスラーの1試合当たりのギャラはいくらなのか? どれくらい格差があるのか?」というのと同じくらい、

 プロレスファンにとって大いなる謎の一つ
だろうと思う。

 たとえばあなたが、突然好きなプロレスラーをチョイスして興行できる権利を持ったとすれば、誰にどのくらいのギャラを払えばいいかすぐに考えつくだろうか。

 いったい何円が適正対価か、即答できる人はどれくらいいるものだろう。

(もちろん現実にはプロレス団体を通してオファーをかけるのだろうが、そうでなく選手と直に話をするという前提である。)


 それと同様、長期欠場中のレスラーにどのくらいの額がどのくらいの期間払われるものか、知っている人はあまりいないような気がする。

 そこへ行くとオカダの場合、仮に団体からの支給が一切なくても妻の収入で生活はどうにかなりそうである。

 そしてこの現代において、こんなことを考えない男も女も、もしいるとしても必ずや少数派であるだろう。


 話はちょっとプロレスから離れてしまうのだが――

 プロレス界の頂点のスターであるオカダについてさえ、我々はこんなことを思う。

 であるなら、そこらの一般人についてはなおさらそう思わなければならない(はずだ)。

 つまり一般庶民であればあるほど、「結婚するのが最高の保険」であるということではないだろうか。

 将来が心配だから商業保険にいくつも入る、特に収入保障保険に入る――

 というのではなく、ただ単に「働く配偶者」を得るというのが、女どころか男にとっても最高の保険ではあるまいか。


 そして実際、現代の男性の大部分は、専業主婦願望をあからさまにする女性なんて鼻にも引っかけていないと思う。

 今の男性のほとんどは、妻が家庭に収まるなんて「呆れた贅沢」「いい御身分」であり、妻が外に出て働くのを当然に期待している(そうでなきゃ困る)と言ってもいいだろう。


 もちろんこの「保険」が機能するのは、二人の間に愛があればこそである。

 そうでなければ配偶者が病気になって「収入を持ち帰らない金食い虫」になったとき、もう片方の配偶者は離婚するか「人生の貧乏クジを引いた」と嘆くかのどちらかになる。

 そして悲しいかな、実際にそうなったとき愛が壊れる確率は、(一般的なイメージとは逆に)低収入の一般庶民の方が高い気がする。

 愛を維持するだけの充分な資金がないからである。


 そう考えると、むしろ一般庶民よりスター同士のスーパーカップルの方が、ずっと愛が純粋でしかも長持ちするように思える。

 そういえば昔から、一般庶民は貴族同士の雲上人の恋愛物語を好んで聞いてきたものである。

 これは単に、上層階級への憧れというのではなく――

 本当の愛は(自分たちの間よりむしろ)そこにこそある、少なくともそこにある確率が高い、と本能的に感じているからではないだろうか……


このエントリーをはてなブックマークに追加

新日本4.7MSG短感-オカダがMSGメインで勝つということ

 4月7日、ついに新日本プロレス主催(アメリカ・ROHとの合同興行)のマディソン・スクエア・ガーデン(MSG)大会が行われた。

 テレ朝チャンネル2での「生中継」では第0試合の前のスターダム提供試合、獣神サンダー・ライガーとグレート・ムタの出てきた第0試合の双方ともカットされており――

 メインイベントで勝利したオカダのリング上からのマイクパフォーマンスもカットされていた。

 いろいろ都合があるのだろうが、何とも竜頭蛇尾ならぬ「蛇頭蛇尾」といったところで、残念である。

 しかし2万人入るというMSGで1万6千人超の観客を入れ、テレビで見ていても会場はギュウギュウに詰まって大盛り上がりの様相だったので、やっぱりこれは大成功と言うべきだろう。

 それは珍しいことに、朝日新聞にも記事が載るほどであった。

(⇒ 朝日新聞 2019年4月8日記事:NYの聖地で新日本プロレス 大盛況「世界への第一歩」)

(⇒ スポーツ報知 2019年4月8日記事:オカダ・カズチカ、ジェイ・ホワイト下しIWGPヘビー奪還!飯伏は内藤撃破でインターコンチ初戴冠…新日MSG大会全成績)


 しかも、テレ朝チャンネル放送された試合は、どれも面白いクオリティの高い試合だったのだが――

 私としては、第2試合で“孔雀ボーイズ男”ダルトン・キャッスルがわずか15秒でルーシュに敗れたのが一番印象に残ってしまった。(笑)

 ああいう超短期決着の試合は、どうしても忘れがたい印象を残すものだ。

 それはともかく、もうあの「MSG」で新日本プロレスが興行をやっている――ということ自体、観客にとってこの大会に特別感を持たせずにいない。 
 
 これは悪口ではないのだが、この興行を見た日本のプロレスファンが感じたワクワク感のかなりの部分は、その特別感が締めていたはずである。


 ところでメインイベントでは、王者ジェイ・ホワイトを破ってオカダ・カズチカがIWGPヘビー級ベルトをほぼ1年ぶりに奪還した。

 新日本の海外興行、しかも超特別な興行のメインでオカダが勝利する、というのは、ある意味当たり前のことかもしれない。

 いくら会社がジェイ・ホワイトを推したいからって、彼一人だけを推すわけにはいかない。

 そしてどちらかと言えば、「よりWWEとかに流出する可能性が高い」外国人選手よりも……

 今のところWWEに行くつもりはないはずのオカダに勝ってもらった方が、よっぽど助かるはずである。

(もっともこの数日前、新日本を退団したKUSHIDAはWWEのNXT入りを発表した。)


 今回のMSGでのオカダの勝利は、やはり新日本の海外戦略の軸も(国内戦略と同様に)オカダが軸である、ということを示すものだと思う。

 それもそうであって、「国内戦略の軸」と「海外戦略の軸」という風に二つも軸を作るのは、一般的に言えば下策である。

(逆に言うと、新日本のオカダへの依存度はまた高まった。

 これでオカダがWWEに流出すれば悲劇である。)


 そして今回の興行の成功を見ると、アメリカにはやはりWWE「だけ」に飽き足らないプロレスファンが大勢いるものと察せられる。

 彼らにとってはそれこそ新日本プロレスが「オルタナティブ」の最有力候補なのかもしれない。

 この点、新日本プロレス以外の日本の団体――とりわけ全日本プロレスは、ジャイアント馬場時代のように「またも」新日本に圧倒される形勢となった。

 はたして新日本以外の日本の団体が、(かつての全日本が四天王プロレスを生んだような)どんな路線を進んでいくのか、これも注目したい。


このエントリーをはてなブックマークに追加

北尾光司55歳で死去-「プロレスファンは優しい」の例外だった人

 日本プロレス史上最大の嫌われ者かつ嘲笑対象であった元横綱の北尾光司、四股名は双羽黒が、2月10日には亡くなっていたという。

 死因は慢性腎不全、享年55歳。

 まさかと思うような若すぎる死である。

(⇒ 東スポWeb 2019年3月29日記事:元横綱、格闘家の北尾光司さん 55歳で死去)

(⇒ イーファイト 2019年3月29日記事:【訃報】元横綱・双羽黒の北尾光司が死去、PRIDEやUFCにも出場)


 ところでしばしば、「プロレスファンは優しい」と言われる。

 確かに、レスラーがリング上で何を言おうと(その英語がみんなわかっているとは思えなくても)、とにかく拍手をするという傾向がプロレスファンにはあるように思う。

 しかしその中でほとんど唯一と言っていいような例外が、北尾光司であった。


 プロレスファンであるみなさんも、必ずや思ったことがあるだろう――

 どうもこの北尾というのは全プロレスラーの中で唯一、「とにかくバカにして嘲笑の的にしてよい人」らしい、と。

 いや、そうするのが「プロレスファンたるもののほとんど良識」なのだ、と。

 それほどまでに「北尾をバカにするのが当然、いやそうするのが良識ある人間」という風潮は、日本のプロレスファン界に広まり根付いてきたのである。

(⇒ 2017年11月15日記事:高須院長、日馬富士のプロレス転向を勧める-プロレスはいつまで“掃きだめ”なのか、いつまで「北尾」が思い出されるのか)


 しかし、北尾がそれほどまでのダメレスラーだったというのは、本当に事実だったのだろうか。

 YouTubeなどで過去の試合映像(少ないが)を見ても、そこまでヒドいという印象を受けない私は、見る目が全然ないのだろうか。

 今のレスラーにだって、同じくらいかよりレベルの低そうなレスラーは、いくらもいるように思えるのだが……

 
 思えば北尾は、それこそ唯一無二と呼ぶにふさわしい経歴の持ち主であった。

 特に相撲廃業からプロレス転向に至るまでの間に名乗った「スポーツ冒険家」という肩書きは、まさに今に至るも誰も受け継ぐことがない唯一無二の響きがある。

(にもかかわらず、ちょっとでも深いプロレスファンの間では、知らぬ者がない名称である。

 こういう肩書きを名乗りたい、という人は、今でもけっこういそうではないか。)


 そして彼は、1992年10月23日のUインター日本武道館大会で、あの伝説の高田延彦のハイキック一発で敗れたことにより、確かにプロレスの歴史を作った。

 さらに(これもちょっとでも深いプロレスファンには有名な話だが)彼は、

 「武輝道場」(これで「ぶこうどうじょう」と読むのも唯一無二かもしれない)

 という格闘技道場を設立し、その弟子には現ドラゴンゲートの元社長である岡村隆志、現役レスラーである望月成晃がいる。

 つまり彼は、現ドラゴンゲートの(ウルティモ・ドラゴンの闘龍門と並ぶ)一方のルーツとも言えるのだ。

 プロレス界でよくある言い方に従えば、「ドラゴンゲートには北尾の遺伝子が流れている」


 UWFを中心として、世には「往年のプロレス」回顧録やドキュメントの本が多く発刊されているが――

 いつの日か、「北尾から見たプロレス界」を綴った本でも出てほしいものだ。

 そして「北尾だけはどれだけバカにして叩いてもいい」風潮も、いつの日か潮目が変わるときが来るのかもしれない。

このエントリーをはてなブックマークに追加

豊田真奈美の怒る「技の無断使用」問題について

 引退した豊田真奈美(「さん」を付けるべきかもしれないが、ここでは敬称略)が、自分の必殺技ジャパニーズオーシャン・サイクロン・スープレックスホールドを無断使用されたとして、怒っている。

 「無断使用」した選手は、スターダムに参戦中の外国人選手ビー・プレストリーである。

 そしてこれが、プロレスファンのみならずプロレスラーにも波紋を広げているとのこと。

(⇒ 東スポWeb 2019年3月25日記事:豊田真奈美氏の「オリジナル技論」にマット界から賛同、異論、反論)


 正直言ってプロレス界では、他人の技を(名前だけ変えて)そのまま自分が使う、というのは日常茶飯事である。

 そしてこういう話を聞いて多くのプロレスファンが真っ先に思い浮かべるのは――

 あの、全日本プロレスにいた天龍源一郎が、「あえて」新日本プロレスの総帥・アントニオ猪木の延髄斬りを使い始めたときのことだろう。

 しかしあの話、無断使用だという人は誰もいず、むしろ「プロレス史上の名エピソード」みたいな扱いをされていないか。

 「これぞ天龍の心意気、天龍の重い決意の現れ」みたいな伝えられ方をしていないか。
 
 あのときの天龍は、猪木にちゃんと「延髄斬りを使っていいですか」とお伺いを立てたのだろうか。



 そういえば東京女子プロレスのエース・山下美憂も必殺技の一つとして「アティテュード・アジャストメント」(AA)を使っているが――

 それは言わずと知れた、WWEスーパースター(の中でもスーパースター)のジョン・シナの必殺技だ。

 これ、シナにメールの一本でも送ったとは思えないのだが、どうだろうか。


 これまでもプロレス界では、自分の始めた技を人に使われたといって「使用料払え」と、冗談に言われたことは何度となくあった。

 しかし今回の豊田の場合は、本気である。
 
 思えば豊田は、確かにその引退ロードの時から「技の継承」をとても重視していた印象があった。

 これはもう、そういう信念というか考えのある人間なのだ、としか言いようがない。

 そして人間誰しも、少なくとも「少しは」この考えに共感するのではないだろうか。

 これは、どっちが正しいというような問題ではなさそうである。


 なので正誤の判断はしないとして、こういうことがあると懸念されるのは――
 
 今でもいくつもある「技の名前に自分の名前を付ける」現象が、もっと増えるのではないか、ということである。

 そういう技は、ほとんど枚挙に暇がない。ちょっと思いつくだけでも……

●エース・クラッシャー

●鼓太郎クラッシャー

●雁之助クラッチ

●外道クラッチ

●後藤式

 などがある。

 こういう技名にしておけば、確かに開発者の名前はずっと残る。

 誰が無断でマネしようと、むしろ引退後も自分の名前が(赤の他人が)技を出すたびに思い出されるのだから、開発者としては本望だろう。

(雁之助クラッチは、その筆頭格に思える。)


 しかしこういう名前の技が増えるのは、特にプロレス界の外の人にアピールするために、はなはだ美的でないと思うのである。

 それは、

 ジャパニーズオーシャン・サイクロン・スープレックスホールドが「マナミ・サイクロン・スープレックスホールド」だったら、

 卍固めが「猪木固め」だったら、

 ということを想像してみればわかる。


 私には、技の名前は極力、一般名詞でなければならないという「好み」がある。

 そしてこの好みは、まずまずファンの共通認識ではないかとも思う。

 どうかこれ以上はなただしく、「自分のオリジナル技に自分の名前を付ける」風潮が流行らないように、と思うものである。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Appendix

プロフィール

平 成敏

Author:平 成敏
1970年代生まれの男性。
認定ファシリティマネジャー、主に施設管理の仕事に従事。
プロレス、社会、歴史など、興味関心のある分野についてあまり脈絡にこだわらず書いていきます。(⇒プロレス以外の話題については、別ブログ【社会・ニュース・歴史編】をご覧ください。)

著作一覧(アマゾンkindle版)

ペペチール第三王朝の興亡:表紙 世界系統樹:表紙 尊敬なき社会(上):表紙 尊敬なき社会(下):表紙 表紙:『もうすぐ無人島になる瀬戸内の島へ』 ブログ販売欄掲載用

FC2ランキング

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2アクセスカウンター

日本ブログ村・人気ブログランキング アクセスランキング

ツイッターウィジェット

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR