Latest Entries

DDT&新日本3.20短感

 DDT3月20日さいたまスーパーアリーナ大会をサムライTV生中継で、新日本3月20日アオーレ長岡大会(ニュージャパンカップ決勝戦)をテレ朝2チャンネル当日録画で見た。

 今回は、試合以外のことを書いてみる。

 まずDDTだが、最もインパクトがあったのは――

 このたび業務提携を結んだというグレース観光(株)が、大型巡業バス2台をDDTに寄贈したということだった。


 グレース観光とは、東京~名古屋・京都・大阪を結ぶ高速バスを運行している会社のようだが、大型バスって1台1,000万円くらいするはずである。

 それを2台も寄付するというのは、なんだか信じられないくらい破格な寄付だ。

 いらぬ好奇心かもしれないが、その見返りとしてDDTはグレース観光にどんな利益をもたらすのだろうと考えてしまう。

 しかしDDTはあの大手家具販売店のニトリといい、ビッグなスポンサーを続けざまに獲得するものである。

 弱小プロレス団体をさいたまスーパーアリーナメインホールまで連れて行ったことと併せ、高木三四郎の経営手腕がものすごく高いことは、もう疑いようがない。


 ただ、彼がCEOを務めているWRESTLE-1の方はどうなのだろうと思わないでもないが……

(⇒ 2015年5月8日記事:天皇と征夷大将軍――高木三四郎のWRESTLE-1「CEO就任」)

 また、高木三四郎の「引退宣言&撤回」は、どうもDDTビッグマッチの恒例行事になったようである。

 

 次に、新日本。

 まず中継映像を見て思うのは、会場の観客数・観客密度が他団体(たとえばNOAH)と比べて天地の差があることだ。(もちろん新日本が天である。) 

 昭和のプロレス全盛期――あの観客がウジャウジャして、選手入場時にはスゴい人混みをかき分けていた時代とまでは行かないが、それを思い起こさせる密度である。

 棚橋弘至らが感泣にむせぶのも無理はない、あんなに観客が入れば会社的にも選手的にも嬉しくやり甲斐があるものだろう。

 ニュージャパンカップ決勝戦は柴田勝頼とバッドラック・ファレが争い、柴田の勝ち。

 柴田はIWGPヘビー級王者オカダ・カズチカへの挑戦を選択した。

 柴田と言えばつい最近の「不倫騒動」でどうなることかと思っていたのだが(みなさんもそうなのでは?)――

 何事もなく出場し続け今回は優勝までしているので、お咎めなしで済んだということなのだろう。

 同じ不倫騒動でもタイチが出場停止処分になり柴田がならない、という基準はよくわからないが……

 少なくともプロレス界では、会社さえ騒がなければマスコミもファンも深くは追及しない(そしてすぐ忘れる)、とは言えそうである。



 ところで柴田がIWGPヘビー級王座への挑戦を選択したことについてだが――

 プロレス総選挙にランクインせず「すねている」内藤哲也に合わせるわけではないが、むしろ内藤のIWGPインターコンチネンタル王座へ挑戦した方が面白かったとは思う。

 だいたいニュージャパンカップ優勝者には3王座への挑戦権を与えるとは言っても、NEVER王座(今は後藤洋央紀が保持)を選ぶ人などいるのだろうか?

 新日本にとってもヘビー級以外の王座に挑戦されてはヘビー級の権威に関わる(とファンに思われる)のだから、3王座を選べると言っても事実上は1王座しか選択肢がないことになる。

 内藤哲也の「正論」が支持されるのも、合点がいくというものである。

このエントリーをはてなブックマークに追加

プロレス総選挙2017短感 前田日明はどこへ行った?/ケニー・オメガの快挙

 3月12日(日)、テレビ朝日で『現役・OBレスラー200人&ファン1万人がガチで投票!プロレス総選挙』が放送された。

 しかしこれ、正確には3月13日(月)の放送である。

 本当は12日20時58分から放送開始だったのだが、その前番組のWBC(ワールド・ベースボール・クラシック)の日本vsオランダ戦が延長11回にまでもつれ込んだため、0時13分からの放送開始となった。

 全く全国のプロレスファンは、最初はイライラして、次には寝たり風呂に入ったり本を読んだりし始めたのではないだろうか……

 それはともかく、【本当にすごい(と思う)プロレスラーNo.1】総選挙の結果は、次のとおりであった。


1位 アントニオ猪木      12,964ポイント

2位 ジャイアント馬場      6,562ポイント

3位 初代タイガーマスク     5,625ポイント

4位 オカダ・カズチカ      4,571ポイント

5位 力道山           4,264ポイント

6位 棚橋弘至          4,145ポイント

7位 ジャンボ鶴田        3,479ポイント

8位 獣神サンダー・ライガー   3,471ポイント

9位 三沢光晴          3,129ポイント

10位 スタン・ハンセン      2,635ポイント

11位 長州力           1,940ポイント

12位 武藤敬司          1,863ポイント

13位 小橋建太          1,653ポイント

14位 天龍源一郎         1,645ポイント

15位 ケニー・オメガ       1,426ポイント

16位 橋本真也          1,413ポイント

17位 蝶野正洋          1,363ポイント

18位 ハルク・ホーガン      1,266ポイント
 
19位 真壁刀義          1,151ポイント

20位 アンドレ・ザ・ジャイアント  773ポイント


 馬場と猪木が1位2位を取るというのは、みんな予想していたろう。

 さらに言えば、猪木が1位で馬場が2位という序列も、やはりみんな予想していたろう。

 しかも開票結果からすれば、猪木は馬場に2倍の差を付けたブッチギリである。

 「馬場と猪木はどっちが強いか」というプロレス界永遠のテーマ?には、21世紀初頭の今、決着が付いているようである。

 やはりというか何というか、「本当に凄いプロレスラーは誰か」と聞かれれば、より多くの人が馬場より猪木を選ぶのだ。



 そしてこの開票結果で、特に(書いてないのに)目立つのは――

 前田日明、高田延彦、桜庭和志といった旧UWF系のレスラーが、全くランクインしていないことである。


 このうち桜庭和志は、プロレスファンの意識の中でプロレスではなく格闘技側の人である、と認識されているのが原因だろう。

 高田は今もっともメディア出演の盛んな「元プロレスラー」ではあるが、やはり格闘技側の人である――

 活字メディアに出るときの彼の肩書きは「元プロレスラー」でなく「格闘家」であるし、『泣き虫』の刊行などでプロレス側どころかプロレスへの裏切り者とのイメージが定着もしているのかもしれない。

 しかし前田の場合、「UWF/リングスは遠くなりにけり」と思うだけでは済まされないような気がする。

 あれだけのムーブメントを作り、間違いなく日本プロレス史上「最強」の候補の一人であるはずの彼が、今となっては“本当に凄いプロレスラー”と思われる20人のうちにも入らないのである。


 確かに、おそらく、今の“プ女子”や新しいプロレスファンにとって、前田日明の名は「誰それ?」と思う程度のものなのだろう。

(「日明」を「あきら」と読むことも、普通はできない。)

 だが、そうだとすると、UWFもUWFインターもリングスも、いったい何だったのか……


 これを即物的に解釈すると、やっぱり「地上波テレビ放送に出ていたか否か」で明暗が分かれているのではないだろうか。

 UWFについての本を見ると、「テレビ放送が付いていなかったから、かえってビデオがバカ売れし会場への“密航”が盛んになった」と必ず書かれている。

 しかし長期的なこと――つまり人の記憶に残るという観点から見れば、地上波テレビの影響力はもちろん甚大である。

 リングスはWOWOWで放送されていた。開局当時のWOWOWにとって、リングスは最大のウリのコンテンツであった。

 しかしやはり衛星放送は衛星放送であり、大勢の人の記憶に残す素材としては地上波放送に全く及ばない。
 
 プロレス団体が存続する上で地上波テレビ放送は必須でない(というか、期待できない)としても――

 プロレスラーが記憶の中で生き残りたいなら、是が非でも地上波テレビ放送に出るべきだということがよくわかる。



 なお、ケニー・オメガがこのメンツの中にランクインしているのは、信じられないほどの快挙であると私は思う。

(なんせ、飯伏幸太がランク外なのだ。)

 WWEがケニーをほしがるのも無理はない。(――が、WWEでケニーのやっているような危険極まるプロレスを容認するのかには疑問もある。)

 まさかケニーが、この歴史的レスラーの中に名を連ねるとは……

 これが今回総選挙で、私にとって最もインパクトのあったことである。

このエントリーをはてなブックマークに追加

オカダvsタイガーマスクW 新日本3.6旗揚げ記念日

 本間朋晃の容態について、命に別状があるとか半身不随になる恐れがあるとかではなくて、まずは不幸中の幸いである。

 さて、本日(3月6日)に大田区体育館で行われた新日本プロレス旗揚げ記念日大会は――

 セミファイナルの「高橋ヒロムvs田口隆祐」(IWGPジュニアヘビー級選手権。ヒロムが防衛成功)、

 メインイベントの「オカダ・カズチカvsタイガーマスクW(ダブル)」のみ、新日本プロレスワールドで見ることができた。

 タイガーマスクWのマスクはマスクマン史上一、二を争う(素人にでも一目でわかるほどの)動きにくさと視界の悪さであるため、それでどうやってメインイベントを戦うのか興味津々だったのだが、今回ははるかに動きやすそうなマスクにチェンジしていた。

(実はちょっとガッカリしたのだが、これは仕方ないというものだろう。)

 ところでタイガーマスクWの正体が飯伏幸太であることは、プロレスファンのたぶん90%以上が知っていることだ。

 選手紹介のテロップでも“ゴールデン☆タイガー”と出ていたので、テレビ朝日もこれを隠す気はほとんどない。


 つまり旗揚げ記念日のメインイベントは「オカダ・カズチカvs飯伏幸太」であったのだが、この組み合わせならそれは熱戦になるに違いない――

 そしてそのことがわかっているからこそ、観客の期待も応援も高くなることができたと言える。

 もしこれが本当に正体不明のマスクマンだとしたら、誰だかわからないレスラーがタイガーマスクWを演じていたのだとしたら、とてもとても旗揚げ記念日のメインイベントにセッティングされることはなかったろう。

 そしてまたタイガーWの中身が飯伏幸太でなかったとしたら、タイガーWが今日と全く同じ動きを見せても、そこまで客の反応を引き出すことはできなかったのではないかと思う。


 どうも今の新日本では正真正銘の「未知の強豪」はお呼びでなく、木谷オーナーが言っていた「お客様を満足させて家に帰すのが大事。ハッピーエンドじゃなきゃダメなんです」を地で行っているかのようである。

 ところで飯伏のタイガーマスクWって、アニメのタイガーマスクWが放送終了したらどうなるのだろう。もう封印されるのだろうか。

 そして飯伏自身は、また新日本に上がるようになるのだろうか。

 WWEからオファーを受けながら契約しなかった男・飯伏幸太。

 ひょっとしたら、こういう形で(マスクマンになって)いろんな団体にスペシャルスポット参戦していくのが定番になっていくのだろうか。

 これはそこまで重大事とは言えないが、プロレス界での気になるテーマの一つではある。


このエントリーをはてなブックマークに追加

ボーン・ソルジャーはどこへ行った?

 ケニー・オメガをはじめとするバレットクラブは約1ヶ月の間隔を経て新日本プロレスのリングに戻ってきたが、そこにボーン・ソルジャーの姿はなかった。

 いったい彼はどこへ行ってしまったのか……

 そう思っていた最近、複数のプロレスブログで、新日本公式サイトの選手紹介からボーン・ソルジャーの項目が消えていることを初めて知った。

 さっそくサイトを見てみると、確かにボーン・ソルジャーの名はどこにもない。

 「ボーン・ソルジャー新日本退団説」が出るのも不思議はないというものだ。 


 思えばボーン・ソルジャー、元キャプテン・ニュージャパン、元ヒデオ・サイトー、本名:平澤光秀とは――

 最近のプロレス界において、不可解なまでに冷遇・低評価されてきたレスラーの代表格だったと思う。


 どうして彼がこんなにも花を咲かせられないのか、いやもっとはっきり言えば、ファンからも花を咲かすことを願われていないのか、疑問に思ったことのない新日本ファンはむしろ数少ないのではないだろうか?

 彼が最も輝いた時代は、キャプテン・ニュージャパンだった期間である。

 あれはコミカルレスラーとしては相当いい線いっていたと思うが――キャプテン・ノアとかキャプテン・オールジャパンとかの派生形も生んだのだから――

 しかし“真面目な”タイトル戦線に絡むことは望むべくも(望まれるべくも)なく、実際一度も王座挑戦したことはない。

(ただ、狂人キャラのヒデオ・サイトーよりは挑戦の可能性は高かったろうが……)


 これは多くの人が感じていたと思うが、平澤は基本的に陽性のキャラクター(性格)ではないようだ。

 きっと木訥で控えめで、イケイケドンドンとかハッチャけた言動などは生理的にできない/したくないタイプなのだろう。

(NOAHで言えば、マイバッハ谷口がこれに近いタイプだろうか。)

 たぶん彼には、たとえば高橋ヒロムのような振る舞いは、やろうとしてもできないのだろう。


 やはりプロレス界では、こういうタイプは成功しない(しにくい)のかもしれない。

 そして言いにくいことだが、これだけキャラチェンジしてなお成功しないということは、本当にプロレスの(レスリングの、ではない)才能はないのかもしれない。



 それにしてもプロレス界とは本当に不思議・不可解なものである。

 女子レスラーには元ひきこもりが複数人いて、それなのにレスラーとして高い評価や人気を得ているというのに――

(一例として、スターダムの岩谷麻優)

 本物のレスリングで高い実績を残した平澤のようなレスラーが、ファンからも(引いては会社からも?)明らかに軽く見られるのだから。

 このことだけでも、「プロレス」と「プロのレスリング」が、全く縁もゆかりもないほど違うものだと感じられるというものだ。

 
 しかし私は、それでも平澤の活躍を期待している者である。

(まだ新日本を辞めたとも決まっていないし、たとえ辞めても他団体やフリーで復帰することはあり得るのだから……)

 世の中、イケイケドンドンの性格の人ばかりではない。陽性のキャラクターばかりではない。

 どうしてもハッチャけられない(会場で声を出して喜色満面で応援することが性格的にできない)プロレスファンだって世には大勢いるはずである。

 そういう人たちが密かに応援できるようなレスラーも、当然いてもいいのではないだろうか。

 持ち前のレスリング技術「だけ」で勝負するようなレスラーも、それはそれで特色を出せるのではないだろうか。


 ひょっとして平澤自身も、(その発案が彼自身だったか会社からか他人の「助言」からかはわからないが)これだけのキャラチェンジとそれにも関わらず境遇に変化がなかったことについて、ウンザリ感を抱いているかもしれない。

 しかし人間、無理にキャラを演じるよりも、やはり素の自分でやっていく方が一番でありリアルである。

 どうか平澤光秀にはこんな形でひっそりと退団・引退するよりも、もう一度リアルに勝負を賭けてほしいものである。

このエントリーをはてなブックマークに追加

本間朋晃、頸椎損傷により欠場へ-“繋ぎ技”にも潜む危険

 好事魔多し。

 隆盛を続ける新日本プロレスにあっても人気の高い(ただし、立場的にはフリー選手だが)レスラー、本間朋晃が――

 新日本3月3日・沖縄武道館大会の「真壁刀義&本間&マイケル・エルガン vs 矢野通&石井智宏&邪道」のタッグマッチにおいて、邪道の変形DDT(グリーンキラー)を受け頸椎損傷を負った。

 本間は全く動けなくなり、邪道が本間をフォールして試合を終わらせ、リングドクターやトレーナーが入って会場は騒然としたという。

 救急隊が到着したのは試合終了から10分以上経過した後、観客からの本間コールが起こる中で救急車で病院へ搬送された。

 この試合、メンツからしてコミカル色の半分くらい入った「楽しい試合」になるはずだったと思うが、しかし思わぬ暗転となった。

 私は試合映像は見ていないが、報道記事だけ読んでいると、嫌でもあのこと――

 2009年の三沢光晴のリング禍を思い出さずにはいられない。

 きっと会場で本間コールを送った観客のうちの多くも、同じことを考えただろう。


 本間は今年でデビュー20周年。“何を言っているのかわからない”ハスキーボイスで世間的にも比較的名を知られるようになり、いま最も運気上昇中のさなかにこんな出来事に見舞われてしまった。

 しかし変形とは言えDDTとは、今の日本のプロレス界ではなはだしく氾濫している技の一つだ。

 DDTが一度も見られない大会はほとんどなく、それはすなわち誰もフィニッシュホールドに使っていないことを意味する。

 はっきり言って観客も、誰もDDTで勝負が決まるとは思っていない――

 ジャーマンスープレックス(ホールド)はしばしば「昔は決め技だったのに、今はただの繋ぎ技になってしまった」と言われるが、それでも今でもフィニッシュホールドになることはよく見られる。

 これに比べても、DDTの「繋ぎ技ぶり」は際だっている。

(断言はできないが、昔からDDTで勝敗が決まったことはなかったのではないだろうか?) 
 
 しかしそんな技ですら、頸椎に重傷を負わせることはできるのだ。



 プロレス技は、「わざと受ける」ことで成立していると言われる。

 なるほど特に場外ダイブ系の技は、喰らう方がわざと待っていなければ――自分の体をクッションにしようとしなければ、決して成立しない技であることは子どもにでもわかる。

(あれを避けるというのは、むしろ非人道的だと見なされるだろう。)


 しかしたとえわざとでも、やっぱりリスクはあるのである。

 しかもそのリスクは、たとえば総合格闘技で「本物のパンチ・キック」を喰らわされるよりはるかに高いのかもしれない。

(何と言っても、レフェリーが止めてくれる。)


 残念ながらプロレスというものが続く限り、負傷はおろかいつか必ず半身不随化ないし死亡事故が起きることは避けられそうもない。

 そりゃあんなことを連日多くのレスラーが続けていれば、起こらない方が不思議なのだ。

(これは交通事故にも似ている――これだけ多くの車が毎日毎日走っていれば、重大事故が起こらないはずがない。)  


 やっぱりレスラーにとっては、必ずしもプロレスファンに“危険技”と認知されている技だけが危険なのではない。

 DDTという“何でもないような技”にさえ危険は充満しているのであり、「わざと受けている」のだから「プロレスラーは(本物の格闘家と比べて)気楽なもんだ」というものでもない。

 
 本間の欠場により、真壁刀義が自らの20周年大会で言っていた「自分が休養に入る前に、本間とのタッグでIWGPタッグ王者になる」構想は消えてしまった。

(3月6日の大田区体育館大会(旗揚げ記念日大会)でタッグ王座戦に挑むのは、テンコジ組に変更された。)

 真壁にとっても無念極まることには違いない。

 今はただ、本間の回復を願うばかりである。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Appendix

プロフィール

平 成敏

Author:平 成敏
1970年代生まれの男性。
認定ファシリティマネジャー、主に施設管理の仕事に従事。
プロレス、社会、歴史など、興味関心のある分野についてあまり脈絡にこだわらず書いていきます。(⇒プロレス以外の話題については、別ブログ【社会・ニュース・歴史編】をご覧ください。)

著作一覧(アマゾンkindle版)

ペペチール第三王朝の興亡:表紙 世界系統樹:表紙 尊敬なき社会(上):表紙 尊敬なき社会(下):表紙

FC2ランキング

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2アクセスカウンター

日本ブログ村・人気ブログランキング アクセスランキング

ツイッターウィジェット

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR